【画像付き徹底解説】VRWC参加でVitalityポイント大量GETできます

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2020年12月9日にアクティビティの計測・完走者に当たる商品について一部変更があり、この記事の内容も変更しています。

イベント内容のアップデートについて(公式サイト)

【重要】Stravaがサポート対象外となります(公式サイト)

2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、街中でのマラソン大会が開催できず、さまざまなバーチャルマラソン(オンラインマラソン)が実施されています。そこにまた新たなイベントが追加されました。

その名も「Vitality Run&Walk Challenge」。

ランナーなら一度は耳にしたことがあるであろう「Runtrip」が主催するランニング&ウォーキングのイベントです。

住友生命の保険「Vitality」の特別協賛により、Vitality加入者はイベントポイント獲得の対象になることも公表されているので参加しておきましょう。

この記事は住友生命の健康増進型保険「Vitality」の加入者向けに書いていますが、VRWCは「誰でも・無料で・どこにいても参加できる」素晴らしいイベントです。

コロナ禍でランニングやウォーキングができず運動不足になってしまった方はこの記事を参考にしてぜひ参加しましょう。

この記事の内容
  • VRWCの概要
  • VRWCに参加するデメリットとメリット
  • VRWCの登録方法(画像付き)
  • VRWCにエントリーする方法(画像付き)
  • VRWCで計測するときの注意点とデバイスの記録をアップロードするやり方(画像付き)
  • VRWCの記録をVitalityポイントに反映させるやり方(画像付き)

VRWC(Vitality Run&Walk Challenge)公式サイト

Stravaアプリのサポートは終了になります。2021年3月末まではStrava(アップルウォッチ含む)で計測したものも手順を踏むことで完走証が発行できますが、かなり面倒みたいなのでこのあと紹介する別アプリか、できればウェアラブルデバイスを使うようにしましょう。

≫Runtripアプリ

ラントリップ - ランナー専用SNSでランニングを楽しく

ラントリップ – ランナー専用SNSでランニングを楽しく

Runtrip.inc.無料posted withアプリーチ

≫Suuntoアプリ

Suunto

Suunto

Amer Sports Digital Services Oy無料posted withアプリーチ

≫Polar Beatアプリ

Polar Beatラン&フィットネス

Polar Beatラン&フィットネス

Polar Electro無料posted withアプリーチ

≫Fitbitアプリ

Fitbit

Fitbit

Fitbit, Inc.無料posted withアプリーチ

タップできる目次

VRWCとは

VRWC(Vitality Run&Walk Challenge)とはRuntripが主催するアクティビティイベントです。

新型コロナウイルスの影響により全国的にほとんどのランニングやウォーキングのイベントが中止になり、運動不足や消化不良を感じている方たちもいるでしょう。

そんなみなさんのために、たとえオンラインであっても健康に取り組む人たちとの繋がりを感じてもらえるよう企画されたイベントがVRWCです。

参加費は無料で、開催は毎月第4土曜日となっています。

VRWCの種目と制限時間

VRWCはその名のとおりランニングとウォーキングのイベントで構成されています。

5kmからハーフマラソン(21.097km)まであり、あなたの体力にあった距離を選ぶことができます。

参加費はすべて0円(無料)、オンラインイベントなので参加人数の上限(定員)もありません。

VRWCの種目・距離・制限時間

第1回(2020年10月24日)の種目と距離、制限時間などの情報を記載しておきます。

2020年11月28日開催の第2回大会も同じ概要で発表されており、エントリー受付中です。(2020年10月28日時点)

種目と距離開催時間制限時間申込期限
ランニング 5km5:00~21:001時間当日4:59まで
ランニング 10km5:00~21:002時間当日4:59まで
ランニング 21.097km5:00~21:004時間当日4:59まで
ウォーキング 5km5:00~21:0016時間当日4:59まで
ウォーキング 10km5:00~21:0016時間当日4:59まで
ウォーキング 15km5:00~21:0016時間当日4:59まで
すべて参加費は無料、定員なし。

なお開催時間は21:00までとなっていますが、記録のアップロードはイベント開催日を含めて7日以内となっていますので慌てる必要はありません。

ただし忘れる可能性もあるので翌日までにはアップロードすることをおすすめします。

VRWCは複数種目のエントリーが可能

Twitterフォロワーのさゆり(@vitality2018)さんからの情報で、VRWCは複数の種目にエントリーできるようです。

なので完走(完歩)することに不安があるなら複数種目にエントリーしておくことをおすすめします。

たとえば、

15km歩けないかも→10kmウォークにもエントリーしておく

ハーフマラソンをしたいけど不安→ハーフマラソン・15kmウォーク・10kmランの3つにエントリーしておく

こんな感じで保険をかけておけば完走証を確実にもらえてVitalityポイントを取り逃がすこともありませんね。(Vitalityポイントについては後述)

VRWC(Vitality Run&Walk Challenge)公式サイト

VRWCのデメリット

VRWCのデメリットとメリットですが、デメリットはあまりありません。なんといっても無料ですからね。

とはいえインターネット上に掲載する記事なので無理やり探し出したデメリットを書いておきましょう。

VRWCのデメリット
  1. 制限時間がある
  2. 一人で走るメンタルが必要

VRWCのデメリット①制限時間がある

VRWCは制限時間があります。

まず前提として開催時間が朝5:00~夜21:00までとなっていて、この間にスタートしてゴールしないといけません。

ウォーキングはこの時間内に完歩すればOKですが、ランニングイベントはあなたがスタートした時刻からの制限時間に注意しないといけません。

5km

スタートから1時間

10km

スタートから2時間

21.097km

スタートから4時間

日ごろからランニングしている方なら普通にやれば余裕でクリアできるタイムですが、途中でサボりすぎないように気を付けましょう。

VRWCのデメリット②一人で走るメンタルが必要

オンラインのアクティビティイベントは一人で参加することがほとんどなので、メンタルがきついです。

10kmまでならまだなんとかなりますが、ハーフマラソンともなればかなりのメンタルが必要です。

制限時間が4時間なので完走できなくはないですが、ジョギングペースのゆるい市民ランナーであれば心が折れて途中リタイアもありえます。

できれば一緒に走ってくれる仲間(家族・友人・恋人など)がいたほうがいいでしょう。

VRWCのメリット

VRWCのメリット
  1. 商品が豪華
  2. 参加費が無料
  3. 運動不足解消
  4. どこでもできる
  5. 住友生命Vitalityのイベントポイントがもらえる

VRWCのメリット①商品が豪華

VRWCは商品がもらえます。

しかも上位入賞者などではなく、完走・完歩した人の中からの抽選です。健康増進に取り組む方みんなが対象です。

すばらしいイベントですね。

商品一覧

完走者・完歩者の中から抽選

  • ウェアラブルデバイス GARMIN、Polar 各1名
  • Runtrip オリジナルトートバッグ 10名
  • VRWC オリジナルTシャツ 30名 60名(2020.12.09増枠)

Runtripアプリに「#VRWC」をつけて投稿した方から「ベストフォト賞」と「ベストストーリー賞」を選出

  • Runtripオリジナルマイボトル 各3名

≫マイボトルの詳細はこちら

VRWC商品
画像出典:VRWC公式サイト

ウェアラブルデバイスをプレゼントなんて、なかなか太っ腹です。

イベントの記録をRuntripのアプリに「#VRWC」をつけて投稿すると当選確率がなんと「2倍」になります。せっかくなのでインストールしておきましょう。

ラントリップ - ランナー専用SNSでランニングを楽しく

ラントリップ – ランナー専用SNSでランニングを楽しく

Runtrip.inc.無料posted withアプリーチ

VRWCのメリット②参加費が無料

VRWCは参加費が無料です。

オンラインイベントなので特に不思議なことではありませんが、無料なのに商品が出るのはすごいことなんじゃないでしょうか。

そのうち有料になるか商品がなくなるんじゃないかと心配になりますが、いまは気にしないでおきましょう。

VRWCのメリット③運動不足解消

運動不足はコロナ禍でランニングやウォーキングがしにくくなった方たち最大の悩みです。

2020年10月現在、日本全体は「withコロナ」の方向に動きつつありますが、まだマラソン大会やウォーキングイベントは開催しづらい状況です。

なのでオンラインのアクティビティイベントで運動不足を解消していきましょう。

VRWCのメリット④どこでもできる

オンラインイベントは場所を選びません。

全国どこでも、だれでも気にせず参加できます。

リアル友だちがいなくても、VRWCに参加してRuntripに投稿すれば仲間が見つかりますよ。

VRWCのメリット⑤住友生命Vitalityのイベントポイントがもらえる

VRWCは住友生命「Vitality」が特別協賛しています。

言うまでもなくVitalityのイベントポイント獲得の対象になっているので、毎月無料で1200ポイント獲得も可能になってしまいました。

2020年10月の第1回開催で獲得できるポイントを共有しておきます。

種目と距離獲得できるVitalityポイント
ランニング 5km200ポイント
ランニング 10km600ポイント
ランニング 21.097km1200ポイント
ウォーキング 5km100ポイント
ウォーキング 10km200ポイント
ウォーキング 15km600ポイント
Vitalityの会員サイトかアプリで申請する必要があります。

10kmや15kmといった長い距離をまだ完走(完歩)する体力がない人にとっては5km部門があることはありがたいですね。

5kmでもウォーキングで100ポイント、ランニングだと200ポイントなので毎月参加すればかなりのポイントを獲得できます。

住友生命の保険「Vitality」については『【住友生命Vitality】仕組みとゴールド達成へやるべきことを解説』の記事で詳しく解説しています。

VRWC(Vitality Run&Walk Challenge)公式サイト

VRWCに登録する手順(3ステップ)

ここからVRWCに登録する手順を解説していきます。

PC・スマホのどちらでもできますが、スマホ使用の方は多いと思いますのでスマホ画像で説明していきます。

画像のとおりにやっていけば簡単です。

VRWC(Vitality Run&Walk Challenge)公式サイト

STEP
VRWCサイトトップのログインをクリックする

まずサイトトップのログインをクリック(タップ)します。

VRWC登録手順1
STEP
Runtripアカウントを作成する

Runtripのアカウントを持っている場合はなんとログインするだけで完了です。

VRWCはRuntrip主催のイベントなので当然といえば当然です。

Runtripアカウントを持っていない場合は下にスクロールして「Runtripアカウントを作成」をクリックします。

VRWC登録手順2
VRWC登録手順3
STEP
SNSアカウントで登録する

Runtripはすでに使用しているSNSのアカウントで簡単に登録できます。ここではGoogleアカウントで登録していきます。

SNSアカウントをお持ちでない場合はメールアドレスで登録しましょう。

VRWC登録手順4

モザイクをかけていますがあなたの名前とメールアドレスが表示されているのでクリックします。

VRWC登録手順5

規約とポリシーに同意しチェックを入れ、「登録」をクリック。

VRWC登録手順6

これでRuntripのアカウント作成が完了しVRWCに参加できるようになりました。

VRWC登録手順7

VRWCにエントリーする方法(3ステップ)と事前準備

続いてVRWCのイベントにエントリーしていきましょう。

STEP
RuntripアカウントでVRWCにログインする

Runtripの会員登録が完了するとRuntripのトップ画面が表示されるので、タブを閉じるなどしてVRWCのログイン画面に戻ります。

VRWC登録手順8

Runtripアカウントを作成したSNSアカウント(もしくはメールアドレスとパスワード)を選択してログインします。

VRWC登録手順9

同意する事項を確認してチェックを入れて「利用して始める」をクリックします。

VRWC登録手順10
STEP
参加したい種目にエントリーする

VRWCのトップに戻り、参加したい種目にエントリーしていきます。

下にスクロールしていくと、

VRWC登録手順11

イベント種目が表示されているので選択します。

ここではランニング5kmを例にします。

VRWC登録手順12

画面下に表示されている「このイベントに参加する」をクリック。

下にスクロールするとイベント詳細を確認でき、エントリーボタンは追従してきますのでいつでもクリックできます。

VRWC登録手順13

続いて個人情報の入力。

「これ必要なのか?」とも思いましたが、住所の詳細や電話番号は入力欄がないのでなにか統計でも取るんでしょうか。

名前は完走証の発行に使われるので、住友生命Vitalityのポイント申請も本人確認が不要で楽ですね。ちゃんと本名を入れましょう。

VRWC登録手順14
STEP
計測機器を接続する

これでエントリーは完了しましたが、このまま走っても記録ができません。

当日までに記録をとる機器をVRWC側に接続する必要があります。

対応しているデバイスとアプリは下記の7つです。

  • GARMIN(ウェアラブルデバイス)
  • Suunto(ウェアラブルデバイス)
  • Polar(ウェアラブルデバイス)
  • Fitbit(ウェアラブルデバイス)
  • Suunto(アプリ)
  • Polar Beat(アプリ)
  • Fitbit(アプリ)

Stravaのサポートは終了になりました。Apple Watchも使用不可となります。

ウェアラブルデバイスを利用した参加方法(Runtrip公式サイト)

ウェアラブルデバイスをお持ちでない場合はSuunto・PolarBeat・Fitbitのアプリをスマートフォンにインストールすれば計測できます。もちろん無料ですよ。

スマートフォンを利用した参加方法(Runtrip公式サイト)

Suunto

Suunto

Amer Sports Digital Services Oy無料posted withアプリーチ

Polar Beatラン&フィットネス

Polar Beatラン&フィットネス

Polar Electro無料posted withアプリーチ

Fitbit

Fitbit

Fitbit, Inc.無料posted withアプリーチ

ここではGARMINのウェアラブルデバイスでの参加を例に解説します。

イベントの参加申し込みが完了した画面、もしくはマイページから「計測機器を接続する」をクリックします。

VRWC登録手順15

使用するサービスを選択します。

VRWC登録手順16

接続するサービスにログイン(サインイン)します。

VRWC登録手順18

接続に同意しクリックすると接続完了です。

VRWC登録手順19
VRWC登録手順20

これであとはイベント当日を待つのみです。

Runtrip公式ヘルプでの解説はこちら

VRWC計測の注意点とデバイスの記録をアップロードするやり方

ここからはイベントに参加した記録をVRWCのマイページにアップロードするやり方を解説していきます。

画像のとおりに進めばできるので安心してくださいね。

イベントに参加するときの注意点

まずVRWCでウォーキング・ランニングをするときの注意点ですが、次のことを必ず守ってください。

  • 事前にマイページでデバイスを接続すること
    • 上記「VRWCに参加する方法」のSTEP3
  • 必ず接続したデバイスを使用すること
  • デバイスのGPSをONにしてタイムと距離を計測すること
  • アプリで計測する場合、距離の単位をkmにする
  • 交通ルールを守ること

これを守っていないとすべてが無駄になりますので注意です。

ランニング計測
必ずGPSはONにしてタイムと距離を計測しよう

アプリの計測単位をkmにする

計測をウェアラブルデバイスではなくアプリで計測する場合は計測単位に注意しましょう。

アプリの初期設定では単位が「マイル」になっている場合があります。1マイルは約1.6kmですが、距離が長くなるほどそんな計算はできなくなるので「km」に変更しておきましょう。

Twitterフォロワーのさゆり(@vitality2018)さんから情報提供いただきました。ありがとうございます。

交通ルールを守ること

特に交通ルールを守ることは大事です。

実際のマラソン大会では信号は消され、ほとんどの場合は踏切のないルートがコースになっています。しかしバーチャルマラソンの場合、そうはいきません。

車は普通に走っていますし、あなたが選んだルート次第では信号も踏切もあります。死んだら元も子もないので、必ず止まりましょう。もちろん歩道があるところでは歩道を通ってください。

私がTwitterで質問したところ、VRWC参加者のフォロワーさんから「記録はデバイスの計測が採用されるので、休憩などの場合は一時停止してOK」という回答をもらえました。なので信号・踏切・水分補給などでは計測を一時ストップしましょう。

おじゃ(@kazujr2)さん、ありがとうございます。

それと私はスタート前に念のためVRWCにログイン、接続も確認した状態でイベントに参加しました。

たぶんログインしなくても大丈夫だとは思いますが、私のように心配性な方はログインしておきましょう。

あらかじめログイン

VRWCのマイページにデバイスの記録をアップロードするやり方(3ステップ)

それではアップロードのやり方を解説しますね。

STEP
使用したデバイスのアプリに記録を転送する

まずはあなたが使用したデバイスのアプリに記録をアップロードします。

やり方はスマホのBluetoothをONにするだけです。

ガーミンアプリにデバイスを接続
STEP
VRWCマイページから結果をアップロードする

続いてVRWCのマイページにアクセスして参加したイベントをクリックします。

参加したイベントをクリック

イベントページになるので下のほうに表示されている「結果をアップロードする」をクリック。

結果をアップロードする

続いてデバイスを選択する画面になるのであなたが使用したデバイスを選んでください。

ここではGARMINを選択します。

使用したデバイスを選択

デバイスのアカウントにログイン・VRWCへの接続に同意します。

デバイスにログイン1
デバイスにログイン2
接続に同意する

アップロードする記録を選択する画面が出るので選択します。

データを選択

最後に「アップロードする」をクリックするとアップロード完了です。

アップロードする
STEP
完走証をダウンロードする

続いてこのまま完走証をダウンロードしておきましょう。

アップロードが完了すると「完走証を表示」と出るのでクリックします。

完走証を表示

すると画面いっぱいに完走証が表示されるので「完走証のダウンロード」をクリック。

完走証をダウンロード1

すると画面上下のいらない部分が消えて完走証の画面のみが表示されます。

Vitalityにポイントを申請する場合はこの画面をスクショでも大丈夫だと思いますが、どうせならダウンロードしておきましょう。プリンタで印刷すれば立派な完走証です。

スマホの場合は画面を長押しでダウンロードできます。

完走証をダウンロード2

公式サイトのヘルプによる解説はこちら

VRWCの記録でVitalityポイントを獲得するやり方

住友生命「Vitality」に加入している方はVRWCの完走証をアップロードすることでスポーツイベントの参加ポイントをもらうことができます。

もらえるポイントを再掲しておきます。

種目と距離獲得できるVitalityポイント
ランニング 5km200ポイント
ランニング 10km600ポイント
ランニング 21.097km1200ポイント
ウォーキング 5km100ポイント
ウォーキング 10km200ポイント
ウォーキング 15km600ポイント
Vitalityの会員サイトかアプリで申請する必要があります。

これだけのポイントを無料で毎月獲得できます。画像のとおりにやればポイントをもらえるので、VRWCに参加したら必ず完走証をアップしましょう。

もし制限時間などに不安があれば複数の種目にエントリーしましょう。「時間オーバーでポイントとれなかった・・・」ということもなくなりますよ。

Vitalityへの申請のやり方

まずVitalityアプリの「健康状態を改善する」を右にスワイプしていき「実施証明書の提出」と大きく書かれたところをクリックします。

Vitalityにアップロードする

「今すぐ始める」に続いて「今すぐ開始」をクリックして進みます。

今すぐ始める1
今すぐ始める2

最初はイベント情報を入力していきます。入力する内容は次のとおりでOKです。

Twitterフォロワーのぁゃ(@ayacchi_ssk)さんからの情報で、イベント名は「VRWC 〇〇km Run(Walk)」など略称でも大丈夫なようです。情報提供ありがとうございます。

種類

あなたが参加した種目(ランニングorウォーキング)

距離・ホール数

あなたが参加した種目の距離(下の表を参照して選択してください)

実施日

カレンダーが出るので実施日(VRWCの開催日)を選択

イベント名

Vitality Run&Walk Challenge

運営団体

Runtrip

参加した種目申請で選択する距離
ランニング 5km5km以上10km未満
ランニング 10km10km以上21km未満
ランニング 21.097km21km以上42.1km未満
ウォーキング 5km4km以上10km未満
ウォーキング 10km10km以上15km未満
ウォーキング 15km15km以上30km未満
イベント情報を入力

次は完走証のアップロードです。「画像を追加する」をクリックしてVRWCの完走証をアップロードします。

完走証のアップロード1

アップロードする画像(完走証)を確認して進みます。

完走証のアップロード2

次はイベントの実施を証明するために公式サイトのURLを入力します。

ここはVRWC公式サイトのトップURLで大丈夫。「https://vrwc.runtrip.jp」と入力してください。

URLを入力

最後に入力内容を確認。

入力内容を確認する

これでVitalityポイントをもらえます。お疲れ様でした!

Vitalityにアップロード完了

公式サイトのヘルプによる解説はこちら

VRWCに参加すればVitalityゴールドステータスも楽々

VRWCのまとめ
  • VRWC(Vitality Run&Walk Challenge)は「だれでも・どこにいても・無料で参加できる」アクティビティイベント
  • VRWCはウェアラブルデバイスやアクティビティ計測アプリを使用して計測し、公式サイトにアップロードすることで完走証が発行される
  • 種目は
    • ランニング(5km,10km,21.097km)
    • ウォーキング(5km,10km,15km)
  • 完走者の中から抽選で豪華賞品が当たる
    • ウェアラブルデバイス
    • Runtripオリジナルトートバッグ
    • VRWCオリジナルTシャツ
  • 「#VRWC」をつけてRuntripに投稿すると商品の当選確率が2倍に。さらに「ベストフォト賞」「ベストストーリー賞」各3名にオリジナルマイボトルが当たる。
  • VRWCは住友生命Vitalityのイベントポイント獲得の対象
    • 制限時間や体力に不安があれば複数種目にエントリーしてOK

Vitality Run&Walk Challengeはコロナ禍で運動不足になってしまった方にはもってこいのイベントです。

特に住友生命の健康増進型保険「Vitality」に加入している方は『無料で』イベントポイントが獲得できるので「神イベント」と言っていいでしょう。

早朝から夜まで好きな時間にできるので、毎月参加してVitalityポイントを大量GETしましょう。

VRWC(Vitality Run&Walk Challenge)公式サイト

ラントリップ - ランナー専用SNSでランニングを楽しく

ラントリップ – ランナー専用SNSでランニングを楽しく

Runtrip.inc.無料posted withアプリーチ

Suunto

Suunto

Amer Sports Digital Services Oy無料posted withアプリーチ

Polar Beatラン&フィットネス

Polar Beatラン&フィットネス

Polar Electro無料posted withアプリーチ

Fitbit

Fitbit

Fitbit, Inc.無料posted withアプリーチ

かなやん

記事公開後、Twitterのフォロワーさんからさまざまな追加情報をいただいています。みなさん本当にありがとうございます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる