住友生命Vitalityで使うウェアラブルデバイス、結局どれがいいのか。

Vitalityのおすすめウェアラブルデバイス
URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩んでいる人

Vitalityで使うウェアラブルデバイスってどれがおすすめ?

この記事ではこんな人の悩みを解決します。

この記事でわかること
  • Vitalityにおすすめのウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)と理由
  • Vitalityで使うウェアラブルデバイスを選ぶ基準
  • 予算別のおすすめデバイス
  • Apple,Polar,Garmin以外のおすすめ

住友生命Vitalityは健康増進型の保険です。健康診断などによる病気の予防や日々の運動によってポイントを獲得し、Vitalityステータスがアップ。保険料の割引を受けることができます。

運動ポイントの獲得には一日の歩数や運動したときの心拍数の計測が必要になりますが、計測方法としてはウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)がベストです。

Vitalityに同期できるデバイスは下記メーカーのもの。

  • Apple
  • Polar
  • Garmin
  • Fitbit
  • Suunto
  • Galaxy
  • Withings

さまざまありますが、この中でおすすめできるのは次のとおりです。

  • Polar
  • Garmin
  • Apple

この3メーカーを選ぶ理由を解説していきます。

タップできる目次

Vitalityにおすすめのウェアラブルデバイスとその理由

見出し画像

Vitalityでポイントを獲得するためウェアラブルデバイスを買うなら次の3メーカーがいいです。

  • Polar
  • Garmin
  • Apple

ぶっちゃけどのメーカーを選んでも問題はありません。歩数カウントの甘さなどの差はありますが、見た目の好みで選んでも全然OKです。

そんな中で私が上記3つをおすすめする理由は単純。

  1. Vitality会員特典で安く買える
  2. アクティブチャレンジAppleWatchでVitalityコインをもらえる

iPhoneユーザーでないとアクティブチャレンジAppleWatchには参加できないので、androidユーザーがAppleを選ぶ理由はありません。

androidユーザーはPolar、Garmin

あなたがandroidスマホを使っているならPolarかGarminを選びましょう。Vitality会員割引でPolarは最大30%OFF、Garminは最大40%OFFでデバイスを買うことができます。

こんな特典を利用しないなんて損しすぎ。私もVitalityに加入する前からGarminのランニングウォッチが欲しかったこともあり、会員特典を使って購入しました。

iPhoneユーザーはAppleWatch一択

もしあなたがiPhoneを使っているのならAppleWatch一択でOK。それ以外を選ぶ必要はありません。iPhoneなのにアクティブチャレンジAppleWatchをやらないなんて考えられないからです。

AppleWatchは値段が張りますが、それは初期投資。2年間のアクティブチャレンジAppleWatchで最大24,000コインの還元が受けられるので長い目で見ればお得です。

「コインのために運動をがんばろう!」というモチベーションにもなりますね。

Vitalityで使うウェアラブルデバイスを選ぶ基準(条件)

見出し画像

Vitalityでポイントを獲得するために使用するウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)を選ぶ基準は次のとおりです。

  1. Vitalityに接続できるメーカーの製品
  2. 歩数カウント機能がある
  3. 心拍数が計測できる機能がある

③の心拍数を計測する機能の有無は重要です。歩数カウントしかないウェアラブルデバイスでは運動したときの心拍数によるポイント獲得ができないので休日でも8,000歩以上を歩いてポイントを取らないといけません。

家事を一日中こなしているならなんとか可能かもしれませんが、私みたいに買い物ぐらいしかしないなら不可能です。

歩幅の平均はだいたい『身長×0.45』なので、私の場合は166×0.45=74.7cm。75cmとして計算すると8,000歩を達成するには75×8,000=600,000cm=6km歩いてやっと20ポイントです。

しかし心拍数がとれたら話は別。30分軽くジョギングしたら心拍数の基準はクリアできるので60ポイント取れます。なので心拍数を計測する機能は必須です。

予算別のおすすめウェアラブルデバイス(Vitality会員価格)

見出し画像

ウェアラブルデバイスを選ぶ基準を解説したところで、予算別のおすすめデバイスを紹介します。価格はVitality会員特典を利用した場合の価格です。(2021年3月時点)

Vitality会員の割引で購入するにはVitality会員ポータルにログインし、適切な手順を踏まないといけません。詳しくはVitality特設サイトの「特典(リワード)」のページから各特典の詳細を確認してください。

Polar

まずPolar(ポラール)。残念ながらすべての製品を特別価格で買えるわけではありません。Vitality会員価格で買える製品は専用サイトで「〇〇%OFF」と明示されています。

以下おすすめのウェアラブルデバイスを紹介します。

1万円~

1万円台は『UNITE』。Vitality会員価格は15,246円(税込み)です。

本当は『IGNITE』と言いたいところなんですが、少し2万円を超えてしまいます。「2万円以内の予算だけど少しくらいならOK」ならぶっちゃけIGNITEのほうがいいです。(IGNITEのVitality会員価格は税込み21,406円)

理由はUNITEは単独ではGPS計測できないから。UNITEで速度やルートを計測しようとするとスマホとの連携が必要なので面倒です。

  • どうしても2万円以上は出せないなら『UNITE』
  • 少しくらい超えてもOKなら『IGNITE』

上記のような判断になります。ポラール公式YouTubeのUNITE紹介動画を貼っておきます(音量に注意)。

Polar公式YouTube

下のリンクは詳しい性能や実勢価格を知ってもらうために設置しています。Vitality会員の特別価格で買うためにはVitality会員ポータルにログインし、Vitality会員専用サイトから購入する必要があります。

詳しい購入方法は下記ページをご覧ください。

ポラール特典ご利用ガイド

ガーミン特典ご利用ガイド

2万円~

2万円台は『IGNITE』のほかでは『VANTAGE M』がおすすめです。会員価格は27,566円。

GPSと光学式の心拍計を備えた高性能なランニングウォッチで見た目もかっこいいです。

Polar公式YouTube

5万円~

いきなり5万円台になる理由は3~4万円台の価格帯がないからです。

5万円以上を出せる余裕がある方は『VANTAGE V』。会員価格は53,746円です。

VANTAGE VはVANTAGE Mの上位モデルでプロアスリートも満足する機能を備えています。高温や衝撃への厳しい耐久テストもクリアしているので、ちょっとやそっとじゃ壊れません。

Polar公式YouTube

Garmin

つづいてGarmin(ガーミン)です。販売しているほとんどの製品を25%~40%割引で買えてめっちゃお得です。

もはやどれを選んでいいか分からないぐらいの種類があって悩むので、お手ごろな1~3万円台のおすすめ製品を紹介します。

1万円~

1万円台のおすすめは『Lily Sport』。女性向けのウェアラブルデバイスでめちゃくちゃオシャレです。

GPSは非搭載なのでスマホと接続しないといけませんが、ヨガやウォーキング、スイムなどの運動を計測できます。価格はVitality会員サイトからの購入で17,556円(税込み)。

下のGarmin公式YouTubeを見てみてください。これ1万円台で買えるなんて信じられないです。

Garmin公式YouTube

2万円~

2万円台は『Venu Sq Music』。会員価格は22,176円(税込み)。

お気に入りの音楽をウェアラブルデバイスに同期することで音楽を聴きながら運動できます。またSuicaにも対応していて、スマホどころか財布を持つ必要すらありません。GPS、音楽、Suicaが使えて2万円ちょっとは安すぎじゃないですかね。

私はGarminのランニングウォッチが欲しくてVitality加入時にForeAtlete235Jを買いましたが、いま買うならVenu Sqを買いますね。それくらい機能に対してコスパがいいです。

Venu Sqシリーズの使用ガイド動画があったので貼っておきます。

Garmin公式YouTube

3万円~

3万円台では『ForeAthlete745』。こちらもSuica対応で財布いらずです。

メインはランニングでの利用想定だと思いますが、バイクやプール、トラックでのランニングなど多くのアクティビティを記録できます。

名前のとおりアスリート仕様で高機能。物理ボタンを使って操作できるのでスタート・ストップなどで画面を見る必要がありません。

価格はVitality会員価格で36,960円。

Garmin公式YouTube

Apple

アップルウォッチは2021年3月現在では下記の3製品しか販売されていません。高額な順番に記載します。

  1. Apple Watch Series 6
  2. Apple Watch SE
  3. Apple Watch Series 3

Vitalityでの健康活動(歩数や心拍数・運動の記録)を行うぶんにはSeries3でも十分です。

しかしSeries6はさすがの高機能。最新の光学センサーを搭載して血中酸素を測定したり、心電図を作成することまで可能です。

もはや『あなたの身体の健康状態はAppleWatchだけで分かる』というレベルに達していますね。

下のリンクは詳しい性能や実勢価格を知ってもらうために設置しています。アクティブチャレンジAppleWatchに参加するためにはVitality会員ポータルにログインし、ヨドバシカメラのVitality会員専用サイトから購入する必要があります。

詳しい購入方法は「アクティブチャレンジAppleWatch特典ご利用ガイド」をご覧ください。

Polar、Garmin、Apple以外を選ぶならFitbitかSuunto

見出し画像

おすすめの3ブランド(Polar、Garmin、Apple)以外を選びたいならFitbitかSuuntoがいいです。理由はオンラインのランニングイベント『VRWC』のサポート企業であり、ウェアラブルデバイスで記録したデータをアップロードできるからです。

VRWCを完走すると完走証が発行されるのでVitalityの運動イベントポイントをゲットできます。もちろんPolar、Garminも対応しています。

AppleWatchはアップロードできません。Polar、Fitbit、Suuntoのアプリを利用することになります。詳しくはこちら(Runtrip公式サイトに遷移します)。

Vitalityにウェアラブルデバイスは必須です

見出し画像

住友生命Vitalityで健康状態を改善し、保険料の割引を目指すためにはウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)が必須です。スマホアプリでは歩数を計測できても心拍数は取得できません。

Vitalityで使用するおすすめウェアラブルデバイス

iPhoneユーザー

  • AppleWatch

androidユーザー

  • Polar
  • Garmin

AppleWatch・Polar・Garmin以外を選びたい

  • Fitbit
  • Suunto

ウェアラブルデバイスはそれぞれのメーカーが提供するアプリを通じて運動の記録や体重の変化を記録することができます。

せっかくウェアラブルデバイスを使うならVitalityポイントを獲得するだけでなく運動データや体重の変化を管理して、あなた自身の健康状態に目を向けてみましょう。

そのちょっとした習慣がVitality本来の目的である『健康状態を改善し、病気のリスクを減らす』という結果につながります。

ウェアラブルデバイスがあれば健康で活気のある生活を送れるようになるので、Vitality会員価格でお得に手に入れましょう。

Vitalityのおすすめウェアラブルデバイス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる