【レビュー】ランニングボトルポーチ『YURENIKUI』の実力がすごい

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

マラソンを始めたからランニングポーチが必要かも。『YURENIKUI』っていうのが評判いいみたいだけど、実際どうなの?使った人の感想は?

こんな方のために、使ってみた感想をお伝えします。

初心者ランナーさんには欠かせないのがランニングポーチ。
特に夏のランニングは飲み物が必須なのでボトルホルダーが必要です。

その中でも揺れにくいと評判なのが『YURENIKUI』。
ネーミングがそのまんまですけど、それは揺れにくさに絶対の自信があることの裏付けです。

この記事では、YURENIKUIを10km走で使ってみたレビューをしていきます。

この記事の内容
  • YURENIKUIにものが入る量
  • YURENIKUIと腰との密着感
  • YURENIKUIをつけて走ったときの揺れにくさ
  • YURENIKUIの楽天レビューの点数

タップできる目次

ランニングボトルポーチ『YURENIKUI』は本当に揺れにくかった

先に結論を書くと、このランニングポーチは本当に揺れにくい。
もう『YURENAI』に改名してもいいくらい。

前に使ってた某スポーツ用品メーカーのものは走っているとズルズル落ちてきて集中できなかったんです。
たすき掛けにしないと使えませんでした。

でも『YURENIKUI』は腰にピッタリ巻き付いて、まったくと言っていいほど動かない。
ストレスゼロでしたよ。

ランニングボトルポーチ『YURENIKUI』を装着して10km走る

10km走をするにあたり、マラソン大会本番を想定した持ち物を入れて走ってみることにしました。

中に入れたもの

YURENIKUIの中に入れたものは以下の4つ。

  • 小銭入れ
  • キーケース
  • スマホ(撮影に使ったので映ってません)
  • アミノバリュー(ペットボトルホルダー付きなのでそこに)

マラソン大会本番ではアミノバイタルゼリーも入れるかもしれません。

ものを入れる場所は2つありますけど、これくらいが限界でしょう。
あまり入れすぎても重いだけですしね。

腰につけた感じ

実際にベルト長さを調整して腰に装着。

めちゃくちゃフィットしてます。
私の腰の形が分かっていたかのようにピッタリ。

「人間みんな一緒なのか?」とも思いましたが、そんなわけないのでおそらく誰がつけてもフィットするように作られてるんでしょう。

装着した写真がこちら。

YURENIKUIを腰につけた様子

少し分かりにくいですがそうとう密着してて、着けた瞬間に「あ、これいいやつだ」って分かります。

ちなみに装着する位置は骨盤の上の一番細い部分がベストです。

のんびり10km走る

それでは走ります。
冬の夕方ランなので、それなりの防寒対策を。

ポーチの揺れは皆無です。
まったく気になりません。

評価☆5です。

1時間以上かかってしまったけど、10km走り切りました。

ランニングポーチはまったくガサガサせず、位置を直すこともなく走れました。
ペットボトルも邪魔に感じません。
落としてないか心配になって何回も触って確認してしまうくらいです。

これなら夏でも安心して走れますね。

ランニングボトルポーチ『YURENIKUI』は楽天でも高評価。ネックは値段

このYURENIKUI、楽天市場で買ったんですが、レビュー点数が高い。

記事執筆の時点(2019年12月28日)で4.77。
レビュー件数がほぼ150件というのを考慮しても、かなり高いです。

ネックとなるのはやっぱり値段。
5980円で、しかも送料別。
安い買い物ではありません。

でもレビュー点数が示す通り、モノは確かです。
安物を買って後悔するより、最初から良いもの買ったほうがコスパいいですよね。

ランニング中にポーチが揺れるストレスから解放される喜び。
ランナーさんなら想像できるでしょう。

一回きりでマラソンやめるならまだしも、ずっと続けていこうと考えてるならなおさらですね。

『YURENIKUI』を買うと最高のランニングライフを送れますよ。

タップできる目次
閉じる