かなろぐ。

かなやんのブログ

マラソン・ランニング後の回復に最適なプロテイン3選【ランキングで比較】
マラソン・ランニング前にBCAAが摂取できるおすすめのアミノ酸ドリンク3選
マラソン・ランニングの初心者に最適な便利グッズ【3種の神器】
かなやんのプロフィール(初記事も)

タニタの乗るだけ体組成計おすすめ3選【体重・BMI・体脂肪率を簡単管理】

この記事をシェアする

f:id:kanayan-run:20200305232037j:plain

(2020.3.12更新)

 

「自分のBMIや体脂肪率を知りたいから体組成計を買いたいんだけどどれがいい?」

こんな疑問に答えます。

 

この記事を読んでほしい人
  • 自分のBMIや体脂肪率を知りたい人
  • 体重管理をしたい人

 

この記事の内容
  • 体組成計が体重管理に必須の理由
  • タニタのおすすめ体組成計

 

ダイエットを始めたり増量に取り組むときには体重管理が必須になりますよね。

BMI20くらいかつ体脂肪率15%前後を最終的な目標にしている人は多いと思います。

そこで役に立つのが体組成計。

この記事では体重計の元祖であるタニタの体組成計を厳選して3つ紹介します。

 

↓ベスト体重についての記事はこちら↓

 

www.kanayan-box.com

 

↓ウエイトアップに必要なプロテインの記事はこちら↓

 

www.kanayan-box.com

 

 

体組成計は体重管理に必須

f:id:kanayan-run:20200305232655j:plain

 

ダイエットや増量をするときに前もって目標体重を決めるのはみなさん同じだと思います。

そのとき参考にするべき数字はBMI値です。

一般的にはBMI22が標準と言われています。

 

でも毎日「体重を測ってBMIを計算」ってハッキリ言って無理ですよね。

ダイエット挫折の原因にもなりえます。

なので体組成計は体重管理には必須アイテム。

自分の身長や生年月日を登録しておけばBMIや体脂肪率のほかに体内年齢や基礎代謝量などさまざまなデータを表示してくれるのでモチベーションを維持するには最適です。

 

タニタの乗るだけ体組成計3選

f:id:kanayan-run:20200305233349j:plain

 

タニタは高機能なものからリーズナブルなものまでさまざまな体組成計を製造・販売しています。

その中から厳選して3つの商品を紹介します。

  • デュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-913
  • 体組成計 BC-331
  • 体組成計 BC-760

これらを比較した表が以下になります。

 

品番 デュアルタイプ体組成計 RD-913 体組成計 BC-331 体組成計 BC-760
参考価格 19600円 8600円 4300円
重量 2.1kg 1.3kg 1.0kg
寸法(幅×高さ×奥行)mm 328×32×298 310×33×274 259×33×215
最小表示 100kgまで50g、180kgまで100g 100kgまで50g、150kgまで100g 100kgまで100g、150kgまで200g
BMI 0.1単位(6~99才) 0.1単位(6~99才) 0.1単位(6~99才)
体脂肪率 0.1%単位 0.1%単位 0.1%単位
内臓脂肪レベル 0.5レベル単位 0.5レベル単位 0.5レベル単位
筋肉量 100kgまで50g、180kgまで100g 100kgまで50g、150kgまで100g 100kgまで100g、150kgまで200g
筋質点数(筋肉の質を分析) 1点単位
基礎代謝量 1kcal/日単位(18~99才) 1kcal/日単位(18~99才) 1kcal/日単位(18~99才)
体内年齢 1才単位(18~99才) 1才単位(18~99才) 1才単位(18~99才)
体水分率 0.1%単位
推定骨量 100g単位(6~99才) 100g単位(6~99才)
脈拍数 1/min単位(6~99才)
登録人数 4人 5人 5人
自動認識機能

 

ひとつづつ紹介します。

 

デュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-913

体組成計もいつのまにか大進化しました。

『RD-913』は世界で初めて「筋質点数」を表示。

筋質点数とは筋肉の状態を分析して点数化したものです。

さらにBluetoothにも対応していてスマホアプリにデータを転送できるので簡単に健康管理ができます。

 

デュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-913 (パールホワイト)

 

体組成計 BC-331

この体組成計の特徴は液晶画面が2つあること。

上の画面に測定項目が大きく表示されてとても見やすいですね。

もちろん下の数値もデカ文字です。

これが見た目の特徴。

 

中身の特徴は利用者の目的によって表示する順番が自動で変化するところ。

利用者がもっとも知りたいであろう情報を先に表示してくれます。

1万円以下でありながら骨量が測れて体重も50g単位まで細かく表示されます。

 

骨量 【仮名】こつりょう 【原文】bone mass

一定量の骨の中に含まれるミネラル分(大部分はカルシウムとリンである)の量を示す指標。骨粗鬆症(骨量の減少を特徴とする病態)の診断や、骨粗鬆症に対する治療の奏功の程度の確認、骨の折れやすさの予測などに骨量の測定値が用いられる。がんに対する治療を受けている患者では、骨量の低下がみられることがある。「bone mineral density(骨塩量)」、「bmd」、「bone density(骨密度)」とも呼ばれる。

出典:骨量とは何? Weblio辞書

 

体組成計 BC-331 (ホワイト)

 

体組成計 BC-760

シンプルタイプの体組成計。

体重は0.1kg単位までしか測れません。

 

しかしBMIや体脂肪率、基礎代謝量といった最低限必要なものはカバーしています。

前回測定時からの変化も「↑」「↓」で一目瞭然です。

5000円以下で必要なデータが手に入り続けるのでコスパが非常にいいですね。

 

体組成計 BC-760 (ホワイト)

 

まとめ:タニタの体組成計でモチベーション維持しよう

f:id:kanayan-run:20200305233659j:plain

 

株式会社タニタは計測器などの大手メーカー。

家庭用体重計の製造販売は日本初、体脂肪計・体組成計の製造販売は世界初です。

ほかに歩数計や活動量計、料理はかりなども製造しているので「はかる道具が欲しければタニタ」ってイメージですよね。

精度も高いのでタニタの体組成計を買って後悔することはほぼあり得ないでしょう。

体組成計で体の変化が実感できればダイエットや増量へのモチベーションも保てます。

うまく活用して理想の体型を手に入れましょう。

 

<この記事で紹介した商品>

 

(2020.3.12 編集)

 

<関連記事>

www.kanayan-box.com

www.kanayan-box.com