ヤバイ会社の特徴は6つ!+会社がグレー企業と気づいたときの対処法

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

もしかして俺ってヤバイ会社に入っちゃった?このままここにいて大丈夫かなあ。ちょっと不安。

こんな悩みに答えます。

「頑張って勉強して面接受けて入社した会社なのに、ここヤバイ会社かも!?」って思ってませんか?
『 ブラック 』とまでは言えないけど、『 グレーゾーン 』に入ってるかもしれない。

以前こんなツイートをしています。

私は上記のような会社が『 グレーゾーンのヤバイ会社 』だと考えています。

この記事では、あなたがそんな会社に入ってしまったと気づいたときに取るべき行動を解説します。

この記事の内容
  • ヤバイ会社の特徴
  • ヤバイ会社だと気付いたときに取るべき行動
タップできる目次

ヤバイ会社に入ったら

もしヤバイ会社で毎日8時間も労働してたらストレス溜まりますよね。それが週5日です。
年間休日が120日あったとしても一年間で245日もそのストレスを浴びることになります。

これは時間の無駄だし病気になってしまうので早めに逃げましょう。

ヤバイ会社の特徴

あなたが働いている会社が次の特徴に当てはまったらヤバイ会社の可能性が高いです。

ヤバイ会社の特徴6つ
  • やたらケガ人が出る
  • 設備投資しない
  • ヤバイ上司が多い
  • 無駄なもの、ゴミが多い
  • 従業員に利益を還元しない or しても少ない
  • だから従業員のモチベーションが低い

ひとつづつ解説します。

やたらケガ人が出る

なぜか一ヶ月にひとりくらいケガしている。中小企業の工場だとありそうな問題ですね。
会社も個人も安全に対する意識が低くて、危険行為も注意しない。

いずれ命に関わる大きな災害が起こりそうな会社はヤバイです。

ケガをもみ消したり、被災者自身の不注意で片付ける会社はさらにヤバイ。もはやブラックです。

設備投資しない

壊れかけの設備を修理もせずに使い続ける。直すのは致命傷になってから。
これも中小企業なら多そうですよね。

設備が壊れるだけならまだいいけど、場合によっては災害につながります。

ヤバイ上司が多い

ヤバイ上司が多い会社はヤバイです。
逆に言うと「会社がヤバイからヤバイ人が出世した」とも言えるでしょう。

そんな上司の特徴は、

このツイートを記事で解説しています。

無駄なもの、ゴミが多い

ヤバイ会社に一歩入ってみると、もので溢れかえっています。

無駄な不要物やゴミも多いですが、そもそも管理ができていません。
事務用品から生産に必要な部品まで、ものの管理は企業では必須です。

管理ができてないと、

  • 買いすぎて置き場所がない
  • 部品欠品して生産ラインが停止

こんなことになります。

従業員に利益を還元しない or しても少ない

ヤバイ会社はお金を貯めこんで従業員に還元してくれません。
さらに労働組合も弱くて会社と戦えない。

「みなさんの頑張りで予算を上回る利益を出せました!」とか言っても臨時ボーナスさえ出ない。
年一回の昇給は数百円~千円くらいで、みんな口をそろえて「上がっただけマシじゃん」って言ってます。

だから従業員のモチベーションが低い

以上のことから従業員のモチベーションが異常に低い。

思考停止して定常作業を繰り返し、生産性も悪いです。

ヤバイ会社だと気付いたときに取るべき行動

ヤバイ会社の特徴がわかったけど、その事実に気づいたときにどうするべきなのか。

あなたができることは次の3つ。

ヤバイ会社だと気付いたときに取る行動
  • 我慢する
  • 改善を要求する
  • 逃げる

順に説明します。

我慢する

現状を我慢して(あるいは諦めて)そのまま働き続ける。
これがほとんどでしょうね。

我慢してそのまま働いてると、その異常さが普通のことと思えるのが不思議です。

異常なことが正常と思えたら終わりです。目を覚ましてくださいね。

改善を要求する

職長(班長・係長など)や労働組合を通して改善を要求してみましょう。

自分から行動を起こしてみたら何か変わるかもしれません。
たとえ変わらなくても「そういう不満を持っている従業員がいる」ということが伝えられたことが大きな前進です。

不満を伝えたあなたの功績は偉大なものになるでしょう。

逃げる

最速の解決策は、逃げる。すなわち「退職」です。
ヤバイ会社から受けるすべてのストレスから解放されます。

逃げるが勝ち。

「退職を言いづらいから・・・」という人はこちらの記事を読んでみてください。解決できるかもしれません。

まとめ:ヤバイ会社に入ってしまったら早めに逃げよう

ヤバイ会社の特徴まとめ
  • やたらケガ人が出る
  • 設備投資しない
  • ヤバイ上司が多い
  • 無駄なもの、ゴミが多い
  • 従業員に利益を還元しない or しても少ない
  • だから従業員のモチベーションが低い
ヤバイ会社だと気付いたら
  • 我慢して働く
  • 改善を求めて動く
  • 退職する

あなたが勤める会社がヤバイ会社と気づいたら、まず声を上げてみましょう。
口頭でなくても大丈夫です。目安箱みたいなのがあったらそこに投函。

無理なら労働組合やコンプライアンス関係の部署があったら言ってみてください。

転職を選ぶならなるべく若いうちがいいですね。
30歳代の後半とかになったら正社員として採用してくれる会社も減っていきます。

逃げるのはかっこ悪いことじゃないですよ。

自分を守るために逃げるのは生き物として当然のこと。

逃げるが勝ちです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップできる目次
閉じる