人付き合いは広くする必要がない理由⇒信じれる人の見極めが難しくなる

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩んでいる人

人付き合いはやっぱり広いほうがいい?

人との付き合いは広いほうがいいのか、狭くていいのか。どちらが正解かは常に議論されるところです。

私の結論としては、『付き合いは狭くていい』。その理由を解説します。

タップできる目次

人付き合いは狭くていい理由

見出し画像1

私は『狭い人間関係でいい』と結論づけています。理由は次のツイートのとおりです。

裏切られてショック受けて、腹が立ってイライラして、結果あちこち神経痛。他人を信用するなとは言わない。本当に信用できる人を見極める力を身につけよう。幅広く付き合いすぎたら見極めが大変になるので要注意。

引用元:Twitter(@kinchan3941)

上記のとおりで、『広く付き合うと、信用できる人と信用できない人の見極めが大変になるから』です。

「あなたの友だちは悪い人だ」ということではありません。ただ世の中には「人を利用したり騙したりして、自分が得しよう、欲望を満たそう」という考えの人もいるから気をつけようということです。そこの見極めが完璧にできないのなら、不特定多数の人と仲良くしないほうが賢明です。

人間はまわりの人に『いい人』と思われたい

みんな嫌われたくないんです(特に異性に対しては)。好んで他人に嫌われる人はまれ。いい人と思われたいために努力しています。

でも陰で悪口や文句を言っている人が大勢いることもまた事実。でも「本当の自分」を見せてもいい相手の前じゃなければそんな姿は見せないですよね。あなたが信用していても裏ではなにやってるか分かりません。

最悪の場合、裏切られることもある

めちゃくちゃ極端なことを言うと、長い時間をかけてあなたに信用してもらい、その後あなたを利用(悪いことを)する。こんな人もいなくはありません。

もちろん初めから悪いことをするつもりではなかったかもしれませんが、あなたの優しい心に付け込んで「きっと許してもらえるだろう」という気持ちになってしまうヤバイ人もいるんです。

ぶっ飛んだ例を挙げると『性犯罪』。性的暴行の多くは顔見知りからの被害で、さらにそのほとんどは警察に相談できず泣き寝入りしています。

知り合いの犯行という理由で、性的被害を受けても泣き寝入りしている(=被害届が出されない)。だからニュースになっていない、というのが現実です。

上記の警察庁のページでは書いてないですが、私が以前にどこかでみた記事では「性暴力により妊娠してしまい、そのことさえも誰にも言えず、被害者が自費で中絶する」という事例も多いようです。

話が脱線しましたが、仲良くなったのをいいことに自分の欲求を満たそうとする人もいるということ。うかつに信用しないようにしましょう。

誰も信用するなということではない

見出し画像2
悩んでいる人

誰も信用せずに生きるなんて無理。

ここまで読んでいただいた方の中には、こんなふうに思った人もいるかもしれません。

確かに人間は誰かに支えられて生きているのが事実です。一人で生きてると思っていても、必ずどこかで誰かがあなたを支えているし、あなたも誰かを支えています。誰も信用せず、自分一人の力だけで生きていくなんて無理でしょう。

私がこの記事で伝えたいことは、「誰も信用するな、人間不信になれ」ということではありません。最初のツイートのとおり、『本当に信用できる人を見極める力を身につけよう』ということです。これができないと痛い目にあいます。

先述した性的暴行だけではありません。

  • 私の貯金が目当てだったんだ・・・
  • 遊んでばっかりで全然家族サービスしてくれない・・・

信じて結婚したのに上記のようになってしまう人もいます。

他人を見る目を養うことは非常に重要です。ただ広く付き合っていると、これが難しくなる。だから『人付き合いは狭いほうがいい』と言えるのです。

思考停止で誰とでも仲良くするのは今すぐやめること。あなたがプライベートの時間をつかうのは、心の底から信用できると思えた人だけにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる