上司に退職意思を言うタイミングは?+言いだしにくいときの対処法。

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

今の会社はろくな会社じゃないから退職して違う仕事を見つけたい。でも会社にはいつ言えばいい?どうやって伝えるの?

こんな悩みに答えます。

今の会社での待遇に満足できなかったり、どうにも納得できないことが起きたりしたら「退職しよう・・」と考えますよね。

でも、退職理由が会社に対する不満だったらなかなか言い出せなかったり、あるいは「今は忙しい時期だから」と認めてもらえなかったりするかもしれません。

この記事ではそんなときの対処法をお教えします。

この記事の内容
  • 退職する意思を伝える時期とその理由
  • 退職の伝え方テンプレート
  • 退職を言いだしにくいときどうするか
タップできる目次

退職意思を言う時期はいつ?

退職を伝えるときは「来月いっぱいでやめます。」こう伝えるのがベストです。

つまり、伝える時期は『2ヶ月前~1ヶ月前の間』。
たとえば3月末で退職したかったら2月中に伝えればいい。

根拠は『 私の経験上 』。

私も今まで何人か退職する人を送り出していったんですけど、ほとんどの人がこのタイミングでした。
でも引継ぎもうまくいって、業務上ほぼ支障がなくやっていけてます。
なので『 2ヶ月前~1ヶ月前の間でOK 』という結論です。

唐突にやめられたら業務に差し支える場合がある

いちおう会社なんで、『 業務上の引継ぎ 』というものが必要な場合がほとんどでしょう。
なので唐突に「今週いっぱいで辞めます」とかだと困る。

「どうせやめる会社だし、そんなこと関係ないよ」って思う気持ちも分かります。
しかしそこは大人なんで、いままでお世話になった会社のことを考えてあげましょう。

法律上は2週間前までに伝えればOK。

ちょっと難しい話をすると、正社員などの雇用期間の定めのない契約の場合は、民法で『 2週間前までに伝えればいい 』と決められています。

第627条

1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条 – Wikibooks

『 雇用期間の定めのない契約 』というのは「契約期間は〇月〇日まで」と決められていない場合です。

ちなみに年俸制など6ヶ月以上の契約の場合は3ヶ月前までに伝えないといけません。

退職意思の伝え方(テンプレート)

退職する意思を伝えるときは、やめる理由がどんなであっても「直属の上司」に言うべきです。
そうしないと面倒なことになります。

その上司が嫌でやめるなら話すのが憂鬱なのは分かります。
でもあきらめて言うしかありません。

伝え方

転職サイトなどをみるといろいろハウツーを書いています。

大企業だとこの方法にならったほうがいいでしょう。

しかし私みたいな中小のグレー企業なら、暇そうなときを狙ってシンプルに「あの~、来月いっぱいでやめます。」これでOK。

あっさり認めてくれたら「え、俺どうでもいい人材だったんか・・・」ってションボリなりそうですけど、無駄な話し合いの時間が省けてラッキーだと思っておきましょう。

理由を聞かれたら

運よく何も聞かれなかったらいいですけど、普通の上司なら退職する理由を尋ねてくると思います。

ここは本来なら答える必要はないですね。
憲法で『 職業選択の自由 』が保障されてるので、自由に退職する権利があります。

それでもしつこく聞かれたら正直に言っちゃってもいいんですけど、

  • 家庭の事情
  • 別の仕事に就きたい
  • 業種を変えてスキルアップしたい

とか適当に言っておきましょう。
嘘とバレても関係なしです。

退職する意思を言いだしにくいときは

これが一番の問題です。
上司が物分かりがいい人なら言いだしやすいですけど、なかなかそんな上司はレアですよね。

これはあなたが言いだせないでいる理由で対処法は異なります。

  • 単純に勇気が出ない
  • 仕事に穴があきそう
  • 上司と揉める(話す)のが嫌

だいたいこんなところ。

ひとつづつ対処法を話します。

単純に勇気が出ない

これはメンタルの問題なので、強い意志を持つしかありません。

一番有効なのは「次の仕事を先に決める」こと。

自分を追い詰めるシンプルな方法です。
二重契約はマズイのでやめるしかなくなりますね。

仕事に穴があきそう

責任感が強いあなたは自分の仕事がどうなるのか心配ですよね。
ほかの人たちが1.1人分ずつ働かなきゃならなくなるんじゃ・・・とか。

でも大丈夫。
どうにかなるのが組織だし、どうにかするのが上司(会社)の仕事です。

「自分の代わりはいくらでもいる」と割り切りましょう。

上司と揉める(話す)のが嫌

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

この上司は生理的に無理

この場合どうすればいいのか?

でも上のほうで書いた通り、我慢して伝えるしかありません。
少しの時間ですから頑張りましょう。

それでも無理な場合

たとえば「退職を伝えるべき直属の上司にパワハラやセクハラを受けていた」とかが理由で近づくことすら不可能な状況の場合は『 退職代行サービス 』という最終手段があります。

退職代行は、会社に対して退職する意思を自分の代わりに伝えてくれるサービス。
有給休暇が残っていたらその日から会社に行かずにそのまま退職することも可能です。

できることなら退職は自分で伝えるのが筋ですし依頼料金も5万円前後かかりますが、どうしてもやむを得ないときは頼るといいでしょう。

退職代行に依頼して浮いた時間は国民健康保険や失業保険の手続き、次の仕事探しに充てることができますね。

退職代行サービスをひとつ紹介しておきます。

「退職代行コンシェルジュ」は弁護士がついてくれるので安心して任せることができます。

退職代行コンシェルジュの特徴
  • 退職成功率100%
  • 会社とやりとり不要
  • 追加料金不要
  • 弁護士付き
  • ライン・メールで無料相談
  • 転職支援
  • 今なら費用49,800円→30,000+税の大幅値引きキャンペーン中

まさに至れり尽くせりです。

まとめ:退職意思は1~2ヶ月前にシンプルに

退職を伝える時期と伝え方まとめ
  • 会社をやめることを伝えるのは1~2ヶ月前
  • 伝えるときはシンプルに「やめます」
  • 理由は適当に嘘でもOK
  • どうしても言えなかったら退職代行

これで退職完了です。

退職代行サービスはできるなら使わずやめれたらいいんですけど、どちらにしても退職できたあかつきには次の人生を歩み始めないといけないので、

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

やめて失敗したなあ。出戻ろう。

こんなことにならないように頑張っていかないといけませんね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップできる目次
閉じる