楽天モバイルの料金プランを他キャリアと比較【5GBで2980円】

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

楽天が携帯キャリアに参入したけど料金プランは安いの?すぐ契約するべき?

こんな悩みに答えます。

2020年4月8日、楽天モバイルがMNOサービスを開始しました。

スマホの利用料金はみなさんもできるだけ安くしたいと思ってますよね。
楽天モバイルの新料金プランも気になると思います。

この記事では大手3社のプランとの比較を含めて楽天のプランについて解説します。

この記事の内容
  • 楽天モバイルのMNOサービス概要
  • 楽天モバイルの問題点
  • 携帯大手キャリアの料金プランとの価格差
  • 慌てて契約する必要はない
  • 楽天ユーザーは検討の余地が出た
タップできる目次

楽天モバイルの新料金プラン『UN-LIMIT』

2020年3月3日に発表された内容を簡単にまとめると以下の通りです。

  • 2020年4月8日からサービス開始
  • 3月3日16時からWEBで受付(実店舗は4日開店から)
  • プランは『UN-LIMIT』ひとつのみ2980円/月でデータ使い放題
  • 通話かけ放題・SMS使い放題
  • 先着300万人は1年間無料
  • 楽天SPU+1倍
  • 事務手数料3300円

一見するといいことだらけに見えますが、よく調べてみると問題点もありました。

楽天モバイルの料金プラン『UN-LIMIT』の問題点

この『UN-LIMIT』というプランの問題点。
それは『データ使い放題は楽天独自の通信網が整備されているところだけ』ということ。

それ以外の場所では、

  • KDDI(au)の回線を使う
  • KDDI回線は上限2GB
  • 2GB超過したら128kbpsに速度低下
  • データ追加は可能だが500円/1GB
  • 1年間無料でもデータ追加購入は必要

上限2GBは動画が普及しまくってる現代ではさすがにキツイですよね。大問題です。

データ使い放題となる独自回線がある地域は楽天モバイルのサイトで確認できます。
「サービスエリアマップ」のピンク色の濃いところが楽天の独自回線です。

東京・さいたま・千葉・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸あたり。
だいたい大都市だけですね。

KDDI回線になる場所

楽天の独自回線がない地域(先ほどの地図の薄いピンクのエリア)とビルなどの建物内、地下などはKDDIの回線を使用することになります。

使用可能なデータ量は2GBまで。

2GBを超過したら速度低下

KDDI回線を利用したデータ通信で2GBを超えると通信速度が低下します。速度は128kbps。

これはメールなどのテキストのやりとりしかまともにできない速度で動画はほぼ不可能。
サイトの閲覧もストレスMAXになる遅さです。

追記:KDDI回線の速度制限、データ上限を変更

2020年4月8日、楽天モバイルはMNOサービス開始と同時にKDDI回線利用時のルールを急に変更しました。
新型コロナウイルスの影響で在宅ワーク・オンライン通信が増えたことを考慮したようです。

KDDI回線のデータ超過時の速度制限を128kbps⇒1Mbpsに

4月8日から

KDDI回線のデータ上限を月2GB⇒月5GBに

4月22日から順次

データ追加は可能

5GBで速度低下といってもデータ追加購入は可能になっています。
金額は1GB追加につき500円。

ただし動画をよく見る人は頻繁に追加購入することになるので「気付いたら大変な額になってた」とならないように注意しないといけなくなります。

1年間無料でもデータ追加購入は必要

運よく先着300万人に入り1年間無料になってもKDDI回線で5GBを超えたら通信速度は低下します。
そしてデータの追加購入500円も必要になります。

仮に10GBまで買い増ししていったら500円×5GBで2500円払わないといけなくなりますね。

Wi-Fi使ったら?

モバイルルーターなどを使ってWi-Fi環境で使用できる環境があると5GBを超えることはない。
もしWi-Fi電波の弱い場所に行ったりモバイルルーターの充電切れが起きたとしても、5GBあれば余裕じゃないでしょうか。

そう考えるとずっと2980円/月で使い続けられる可能性が見えてきます。

楽天モバイルと他キャリアの料金プランを比較

では楽天モバイルの新料金プランは大手キャリア3社と比べて安いのか比較してみます。

「使った分だけ」のプラン比較

(スマホの方は横スクロールできます。)

キャリア
プラン名
ドコモ
ギガライト
au
新auピタットプランN
ソフトバンク
※ミニフィットプラン
楽天
Rakuten UN-LIMIT
~1GB2980298039802980
~2GB3980448059802980
~3GB3980448074802980
~4GB4980448074802980
~5GB4980598074802980
~6GB59805980速度低下(128kbps)3480
~7GB59805980速度低下(128kbps)3980
通話かけ放題+1700+1700+15000
※ソフトバンクは2020年3月12日開始の新プラン。楽天はデータ追加購入した場合の金額。

1GBを超えたら楽天モバイルのほうが圧倒的に安いですね。

しかも楽天モバイルは電話かけ放題が追加0円。他社は1500~1700円のオプションになります。

大容量プランも比較

いちおう大手3社の大容量プランとも比較してみましょう。

楽天は料金プランがひとつなので楽天回線で無制限に使えたと仮定します。

(スマホの方は横スクロールできます。)

キャリア
プラン名
ドコモ
ギガホ(30GB)
au
auデータMAX
プランPro(制限なし)
ソフトバンク
※メリハリプラン(50GB)
楽天
Rakuten UN-LIMIT
大容量プラン料金6980748074802980
通話かけ放題+1700+1700+15000
※ソフトバンクは2020年3月12日開始の新プラン。対象の動画サービスやSNSは使い放題。

データ通信無制限なら楽天の圧勝ですね。

まとめ:楽天ユーザーは検討する価値あり

楽天モバイルの料金プラン「UN-LIMIT」のメリットとデメリット、他キャリアとの比較をした結果の結論としては『楽天ユーザーはプラン改定で検討する価値が出た』。

理由は次の通り。

  • Wi-Fiがあれば5GBは超えない可能性が大きい
  • なので実質ずっと2980円/月で使える
  • 先着300万人は1年間無料
  • 楽天ポイント貯まる
  • 楽天ポイント使える
  • 楽天SPU+1倍

KDDI回線の通信制限が5GBまでに増えたのがかなり大きい。

動画をあまり見ない人ならWi-Fiなしでも超えないし、見る人でもWi-FiがあったらOK。
もし使えない時があっても5GBあれば1ヶ月は大丈夫。

楽天ポイントも「貯まる・使える」ので、楽天ユーザーならメリットは大きいでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップできる目次
閉じる