楽天モバイルは本当に条件なし無料!他の6ブランドと比較しても激安

アイキャッチ画像
URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩んでいる人

楽天モバイルが1GBまで無料って本当なの?なんか条件あるんじゃないの?

2021年1月29日に楽天モバイルが発表した新料金プラン『UN-LIMIT Ⅵ』。1GBまで無料という衝撃の内容でしたが、

「いやいや、そんなの成り立たないでしょ。どうせややこしい条件があるんでしょ?」

こんなふうに疑いの目を向けてしまいます。

そこでじっくり楽天モバイルの公式ページを読んでみると、本当に特別な条件なしで無料でした。

そこでこの記事では楽天モバイルの新料金プラン「UN-LIMIT Ⅵ」について、大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクの新料金プランとの比較を交えて解説します。

この記事の内容
  • 楽天モバイル『UN-LIMIT Ⅵ』の概要
  • 携帯大手キャリアの料金プランとの価格差
  • 楽天モバイルの問題点
  • 楽天モバイルをおすすめする人とおすすめしない人
タップできる目次

楽天モバイルの新料金プラン『UN-LIMIT Ⅵ』は1GBまで無料

見出し画像

『UN-LIMIT Ⅵ』の内容をまとめると以下の通りです。

  • 1GBまで無料
  • 3GBまで税込み1,078円
  • 20GBまで税込み2,178円
  • 20GB超え税込み3,278円(上限なし)
  • パートナー回線エリアは5GBで低速化(低速でもMAX3,278円)
  • 『Rakuten Link』アプリで電話かけ放題
  • 楽天SPU+1倍
  • WEBでも店舗でも受付
  • 先着300万人は1年間無料
  • 2021年4月からプラン適用(すでに加入している場合は自動で切り替わる)

1GB無料はすごいです。これといった条件もなく無料なので、『タダで1回線を持てる』ということになります。

楽天モバイル

楽天モバイルと他キャリアの料金プランを比較

見出し画像

楽天モバイルの新料金プランは他のブランドとどれくらい違うのか比較してみました。

比較したのは次の6つのブランドです。

  1. ドコモ(ahamo)
  2. au(povo)
  3. ソフトバンク(LINEMO)
  4. UQmobile
  5. Y!mobile
  6. LINE MOBILE

楽天モバイルと他ブランドの比較①大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)

キャリア
プラン名
ドコモ
ahamo
au
povo
ソフトバンク
LINEMO
楽天
UN-LIMIT Ⅵ
~1GB0
~3GB1,078
~20GB2,9702,7282,7282,178
~20GB超過低速化
550/1GB(購入)
低速化
550/1GB(購入)
低速化
550/1GB(購入)
3,278(上限なし)
オプション
5分以内かけ放題
0
(標準装備)
550550
オプション
電話かけ放題
1,1001,6501,6500
(Rakuten Linkアプリ利用)
オプション
24時間データ使い放題
220
※楽天は楽天回線エリア内の場合。エリア外は5GBで低速化。価格は税込み。

楽天モバイルが圧倒的に安いのは一目瞭然ですね。楽天回線エリア内ならデータはMAX3,278円で上限なし。しかも段階制なのでデータを使わなかった月はさらに安くなります。(1GB以下なら無料…!)

Rakuten Linkアプリが必要とはいえ通話も無制限かけ放題。恋人との長電話も楽しめます。

楽天モバイル

楽天モバイルと他ブランドの比較②格安スマホ3ブランド(UQmobile、Y!mobile、LINE MOBILE)

UQmobileのプラン価格
くりこしプランS1,628円/3GB
くりこしプランM2,728円/15GB
くりこしプランL3,828円/25GB
10分以内かけ放題770円
電話かけ放題1,870円
60分/月定額550円
余ったデータ容量は翌月に繰り越し。価格は税込み。
Y!mobileのプラン価格
シンプルS2,178円/3GB
シンプルM3,278円/15GB
シンプルL4,158円/25GB
10分以内かけ放題770円
電話かけ放題1,870円
2回線目からは家族割の適用で1,080円引き。価格は税込み。
LINE MOBILEのプラン価格
音声通話SIM 500MB1,210円
音声通話SIM 3GB1,628円
音声通話SIM 6GB2,420円
音声通話SIM 12GB3,520円
LINEデータフリー0
SNSデータフリー308円
SNS音楽データフリー528円
10分以内かけ放題968円
価格は税込み。
楽天モバイルのプラン価格
~1GB0円
~3GB1,078円
~20GB2,178円
20GB超過3,278円
電話かけ放題0円(Rakuten Link利用)
楽天回線エリア内の場合。エリア外は5GBで低速化。。価格は税込み。

格安スマホのブランドと比較してもやはり楽天が最安です。無制限で3,278円は別格。そして何度も書きますが、1GBまでは無料です。

楽天以外を選ぶなら余ったデータ容量を繰り越せるUQmobileがいいですが、楽天回線エリア内で活動できるなら楽天一択で問題なしです。

楽天モバイル

UQ mobile

ただしY!mobileは2回線目以降に限り、家族割の適用またはSoftBank光・SoftBank Air(家庭用Wi-Fi)を契約すれば1,080円の値引きがあり、最安のシンプルSプランが税込み。990円に、シンプルLでも2,970円となり楽天より安くなります。

SoftBank光・Airの利用料は別にかかりますが大家族であればあるほどお得です。

Yステーション

楽天モバイルの唯一の問題点は人口カバー率

見出し画像

楽天モバイルの問題点(=デメリット)は「高速でデータ使い放題なのは楽天独自の通信網が整備されているところだけ」ということ。

楽天モバイルの通信エリアは2021年1月現在で73.5%。それ以外の場所では、

  • KDDI(au)の回線を使う
  • KDDI回線は上限5GB
  • 5GB超過したら1Mbpsに速度低下
  • データ追加購入で高速に戻るが550円/1GB
  • 1年間無料でもデータ追加購入は必要

Wi-Fiルーターを持っていれば問題ありませんが、「Wi-Fiがないのに動画をよく見る」という使い方をしている人にとって5GBは厳しいです。

楽天回線のカバー率は2021年3月末に80%、2021年夏には96%まで上げる計画と発表していますが、計画通りに進んでも96%では人の少ない地域では繋がりません。(ドコモ、au、ソフトバンクは人口カバー率99%を達成しています。)

すでに楽天モバイルの回線が整備されている地域・2021年夏までに拡大予定の地域は公式サイトで確認できます。「通信・エリア」のピンク色の濃いところが整備済み、紫色のところが拡大予定の地域です。

楽天モバイル

各都道府県の主要な地域では普及が進んでいます。

楽天モバイルの回線がないところはKDDI回線になる

楽天の独自回線がない地域(薄いピンクのエリア)とビルなどの建物内、地下などはKDDIの回線を使用することになります。

上限は5GBで、5GBを超えると通信速度が最大1Mbpsに低下してしまいます。

通信料の上限が3,278円を超えることはないですが、低速の状態で動画などは厳しいのでWi-Fi必須でしょう。

KDDI回線で速度低下したら追加購入が必要

5GBで速度低下したときはデータ追加購入で高速に戻すことができます。

金額は1GB追加につき550円。

ただし動画をよく見る人は1GBなんてすぐなくなって頻繁に追加購入することになるので「気付いたら大変な額になってた」とならないように注意が必要です。

1年間無料でもデータ追加購入は必要

運よく先着300万人に入り1年間無料になってもKDDI回線で5GBを超えたら通信速度は低下します。

そしてデータの追加購入550円も必要になります。

仮に10GBまで買い増ししていったら550円×5GBで2,750円払わないといけなくなりますね。

Wi-Fi使ったらスマホ代0円

モバイルルーターなどを使ってWi-Fi環境で使用できれば5GBを超えることはまずありません。もしWi-Fi電波の弱い場所に行ったりモバイルルーターの充電切れが起きたとしても、5GBあれば余裕。

そう考えるとずっとMAX3,278円/月で使い続けられるし、もちろんWi-Fiが途切れなければスマホ代0円です。

楽天モバイル

楽天モバイルをおすすめする人とおすすめしない人

見出し画像

楽天モバイルをおすすめする人とおすすめしない人は次のようになります。

楽天モバイルをおすすめする人とおすすめしない人

おすすめしない人

  • 楽天のアカウントがなく、今後も作る予定がない人
  • 楽天回線エリア圏外でWi-Fi環境もない人

おすすめする人

  • 楽天アカウントがある、または作る予定がある人
  • 楽天回線が整備されている地域の人
  • 自宅にWi-Fiがある人

楽天モバイルをおすすめしない人

楽天モバイルをおすすめしない人は次のとおりです。

  • 楽天のアカウントがなく、今後も作る予定がない人
  • 楽天回線エリア圏外でWi-Fi環境もない人

楽天アカウントがあり、なおかつ楽天モバイルを契約していると、楽天市場でのお買い物ポイントが自動的に+1倍になります。でも楽天市場で一切買い物をしないなら意味がないですよね。SIMを紛失するリスクがあるだけ損です。

また楽天回線の圏外でWi-Fiが使える環境がないならすぐ5GBに到達して通信速度が低速になります。データ容量(ギガ)を追加でどんどん買っていたらいつの間にか高額請求になってしまうので持つ必要はありません。

楽天モバイルをおすすめする人

逆に、楽天モバイルをおすすめする人は

  • 楽天アカウントがある、または作る予定がある人
  • 楽天回線が整備されている地域の人
  • 自宅にWi-Fiがある人

楽天市場で買い物をする人は楽天アカウントを持っているはず。ならば楽天モバイル保有でもらえる+1倍の大きさはよくわかると思います。持つだけなら無料なのでポイント+1倍を目当てに楽天モバイルを契約するのもアリですね。

楽天モバイル

楽天モバイルは契約して損なし

見出し画像

楽天モバイルの料金プラン「UN-LIMIT Ⅵ」を他の6ブランドと比較した結果、結論としては『楽天ユーザーは楽天モバイルを契約しておくべき』。そして、『楽天回線エリアに住んでいる人とWi-Fiを使える環境にいる人は乗り換え検討するべき』です。

理由は次の通り。

  • データ使用を1GB以下にしておけば無料
  • Wi-Fiがあればパートナー回線エリアでも5GBを超えることはない
  • ずっとWi-Fiに繫がっていればスマホ代0円
  • 楽天SPU+1倍
  • 楽天ポイント貯まる
  • 楽天ポイント使える

動画をほとんど見ない人ならWi-Fiなしでも5GBは超えないし、見る人でもWi-FiがあったらOKです。

あなたが楽天回線エリア内で生活している、もしくはWi-Fiがある環境で生活しているなら必ずスマホ代は安くなる。前のめりで乗り換えを検討しましょう。

楽天モバイル

アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる