【Vitality600ポイント】ONETOKYO登録とVitalityポイント申請のやり方をゼロから解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

ONETOKYOのバーチャルマラソンの参加方法と住友生命Vitalityへのポイント申請のやり方が知りたい。

ONETOKYOでは東京マラソン財団のアプリを使ってMVM(マンスリーバーチャルマラソン)というイベントに参加することができます。

バーチャルマラソンは参加する人が好きな場所で規定の距離を走るイベントで、完走証明書も発行してもらえます。

街中での大規模なマラソン大会の開催が難しい今、こういったイベントがあるのはありがたいですね。

そしてこのバーチャルマラソン、住友生命の健康増進型保険「Vitality」のマラソンイベントによるポイント獲得の対象にもなっています。

そこでこの記事ではONETOKYOのメンバーに登録する方法とVitalityのポイント獲得申請のやり方を画像付きで解説します。

この記事の内容
  • 「ONETOKYOマンスリーバーチャルマラソン」とは
  • 「ONETOKYO」スマホからの会員登録手順
  • 「ONETOKYO」アプリの使い方
  • 「ONETOKYO」マンスリーバーチャルマラソン完走証の確認方法
  • 「ONETOKYO」マンスリーバーチャルマラソンで住友生命Vitalityのポイントを申請する方法
ONE TOKYO APP

ONE TOKYO APP

Tokyo Marathon Foundation無料posted withアプリーチ

タップできる目次

ONETOKYOマンスリーバーチャルマラソンとは

ONETOKYOマンスリーバーチャルマラソン(MVM)は東京マラソン財団が運営しているオンラインマラソンのイベントです。

  • 無料で参加できる
  • 誰でも参加できる
  • どこでも参加できる

こんな特徴があり、リアルなマラソン大会が開催できないご時世ということもあって人気のイベントとなっています。

ONETOKYO公式サイト

ONETOKYO登録は無料会員でOK

ONETOKYO公式サイトを見ると「プレミアムメンバー(有料会員)」と「クラブメンバー(無料会員)」の説明がありますが、MVMに参加するだけなら無料会員で問題ありません。

イベントの優先参加権や割引などが必要なければ無料会員で登録しましょう。

ONETOKYOマンスリーバーチャルマラソンの概要

ONETOKYO MVMの開催概要を説明します。

開催日

毎月第2土曜日

参加費用

無料

定員

なし

種目と距離

ランニング10kmのみ

開催時間

スタート5:00~フィニッシュ12:00

制限時間

なし

完走証明書

あり

MVMは制限時間がなく、朝5時以降にスタートし、正午までに10kmを走破すれば完走扱いです。なので歩いても休んでもOKです。

ただし記録が連続していないと認められないので、休むときもアプリを停止しないように気をつけてください。

「ONETOKYO」スマホから会員登録する手順とアプリの使い方

ONETOKYOのバーチャルマラソンに参加するには会員登録しないといけません。

ここではONETOKYOアプリから会員登録していく手順と計測時の使い方を説明します。

ONE TOKYO APP

ONE TOKYO APP

Tokyo Marathon Foundation無料posted withアプリーチ

PCサイト、モバイルサイトから登録される場合は下記リンクから登録できます。

ONETOKYOアプリから会員登録する手順(5ステップ)

STEP
アプリをインストールしてアカウントを新規作成

上のリンクからONETOKYOアプリをインストールしたら次の画面になるので下のほうの「新規作成」をタップします。

onetokyoアプリを立ち上げて新規作成
STEP
あなたのメールアドレスを入力して送信

続いて会員登録用のメールアドレスを入力して「確認用メールを送信」をタップします。

登録手順の説明を読む
メールアドレスを入力して送信

するとすぐに登録手続きを進めるためのメールが送られてきます。

メールの確認画面
STEP
送られてきたメールのリンクを開き規約に同意

送信したメールアドレスにメールが送られてくるのでリンクを開くと次の画面になります。

利用規約を読んで納得したら「同意する」をタップです。

メールからアクセスして規約を読み同意する
STEP
ログイン情報と個人情報の登録

続いてログイン時のニックネームとパスワード、本名・住所などの個人情報を一気に登録していきます。

上部はログイン情報です。

なおパスワードは半角10字までで、アルファベットと数字しか使えません。

ニックネームとパスワードを入力

下部は個人情報。

東京マラソンの簡易エントリーもこの情報が使われるので、間違えないように入力してください。(嘘は論外)

すべて入力したら「確認画面へ」をタップ。

本名・住所などの個人情報を入力
入力したら確認画面へ
STEP
登録内容をチェックして完了

画面に表示される内容を再度確認したら「登録する」をタップして完了です。

お疲れ様でした!

入力内容を確認する
間違いなければ登録する

これで晴れてONETOKYOアプリが使えるようになったので、さっそく使ってみましょう。

ONE TOKYO APP

ONE TOKYO APP

Tokyo Marathon Foundation無料posted withアプリーチ

ONETOKYOアプリの操作方法

アプリの操作方法は難しくはありません。

STEP
スタート

スタートは下部に大きく表示されている「スタート」をタップするだけです。

タップして少し間をおいて(2~3秒くらい)計測が始まります。

ONETOKYO計測スタート
STEP
ストップ

停止するときは誤作動防止のため長押ししないと計測がストップしない仕様になっています。

下の一時停止マークを1秒ほど長押ししましょう。

ONETOKYO一時停止

終了する場合は停止マークを再び長押し。

再生マークをタップすると再開できます。

ONETOKYO計測終了
STEP
記録の保存

計測を終了するとランの保存画面に切り替わります。

記録を他のユーザーに公開するかどうかを選択できます。

ONETOKYO公開設定

地図を表示したくない場合は「公開(地図のみ非表示)」を選択します。

プライバシーも安心ですね。

ONETOKYO公開設定2

あとは「ランの保存」をタップすればOKです。

ONETOKYOアプリとGARMINで同時計測

いつもの5kmジョギングでさっそくアプリを使ってみます。

せっかくなのでGARMINのランニングウォッチと同時計測しました。使用したのは「ガーミンForeAthlete235Jをレビュー【みんなに選ばれる理由がわかった】」の記事でレビューしているGPSウォッチです。

地図は見せられないですが、GPSなので走った経路はONETOKYOアプリもなかなか正確でした。

ですが、距離はGARMINと誤差が発生しています。

onetokyoアプリのランニング記録画面
Garminアプリのランニング記録画面

距離に0.1kmほどの誤差が出てしまいました。
100m、けっこうデカいですね。

どっちが正確かは分かりませんがONETOKYOアプリのほうが短いので、バーチャルマラソンに参加したときはアプリの距離計測をきちんと確認してからストップしましょう。

ONE TOKYO APP

ONE TOKYO APP

Tokyo Marathon Foundation無料posted withアプリーチ

ONETOKYOバーチャルマラソンは住友生命Vitalityのポイント対象

住友生命の健康増進型保険「Vitality」の会員さんには、このONETOKYOバーチャルマラソンに参加することをおすすめします。

ONETOKYOバーチャルマラソンはランニングイベントでのポイント獲得の対象。しかも参加無料です。

parkrun開催地の近所に住んでいたらこの二つだけで余裕のゴールドですね。

ここではVitalityにポイント申請する方法を解説します。

Vitalityポイントの申請手順

STEP
マンスリーバーチャルマラソンの完走証を確認し、スクリーンショット

Vitalityでマラソンポイントを獲得するには完走証が必要になります。

まずはONETOKYOマンスリーバーチャルマラソンの完走証をGETしましょう。

ONETOKYOアプリを開いてサイドメニュー内の「フィード」を選択します。

フィードを選択

事務局から「マンスリーバーチャルマラソンで〇〇位を獲得しました!おめでとうございます!」という連絡が来ていたら、ランキングが確定していて完走証を見れるので「ランキングを見る」をタップします。

ランキングを見る

全順位の一覧ページに遷移しますが50位までしか表示されていないので、51位以下の方は「さらに表示」をタップしましょう。

さらに表示

自分を見つけたらタップ。

自分をタップ

これで記録証が表示されるので、Vitalityポイント申請のためにスクリーンショットしましょう。

かなり縦に長いので、数回に分けてすべてスクリーンショットしてくださいね。

スマホの大きさによりますが、3回くらいでできるかと思います。

記録証1
記録証2
STEP
Vitalityアプリからポイント申請する

続いてVitalityポイント獲得のためにアプリから証明書を提出しましょう。

住友生命「Vitality」のアプリを開き「健康状態を改善する」を横にスクロールし「実施証明書の提出」を選択します。

実施証明書の提出

「今すぐ開始」をタップ。

今すぐ開始

イベントの情報を入力します。

ONETOKYOマンスリーバーチャルマラソンの場合は次のように入力すればOKです。

種類

ランニング

距離・ホール数

10km以上21km未満

実施日

カレンダーから選択

イベント名

(例)マンスリーバーチャルマラソン2020-21シーズン7月大会10K

運営団体・ゴルフ場名

東京マラソン財団 ONETOKYO事務局

開催シーズン(上記では2020-21のところ)と開催月は実施日に合わせて変更してください。

イベントの情報1
イベントの情報2

続いてスクショした記録証をアップロードしていきます。

「画像を追加する」をタップ。

証明書をアップロード

記録証の全部分が必要なのでスクショした画像をすべてアップロードしましょう。

証明画像の確認

最後にイベントが開催されたことの証明にウェブサイトのURLを入力します。

次のように入力すればOK。

「https://onetokyo-app.org/mvm/〇〇〇/all/」

コピペして〇〇〇の部分に開催年/月を入れてください。
2020年7月なら画像のとおりで「202007」ですね。

ウェブサイトのURL

次に進むと確認画面。

間違いがないか確認して進みましょう。

確認画面1
確認画面2

個人情報の利用についていちおう確認。

個人情報の利用確認

これでマラソンイベントのポイント申請が完了です。

申請完了

正式なチェックには数日かかるでしょうが、ポイントは少ししたら反映されますよ。

600ポイント獲得
ONE TOKYO APP

ONE TOKYO APP

Tokyo Marathon Foundation無料posted withアプリーチ

ONETOKYO×Vitalityで健康体に

ONETOKYOのバーチャルマラソンは毎月第2土曜日に開催されています。

距離は10kmなので平均的な市民ランナーなら1時間前後。

制限時間はなく、朝6時以降のスタートで昼12時(正午)までにゴールすればいいので歩いてもOKです。

Vitality会員なら600ポイントも手に入るのでぜひアプリをインストールして会員登録しておきましょう。

ONE TOKYO APP

ONE TOKYO APP

Tokyo Marathon Foundation無料posted withアプリーチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる