かなろぐ。

PC素人、さえない会社員のバイタリティ生活。そのほか気になったこと、オススメしたいことなどを書くブログ。

道路交通法が改正!12月から携帯所持の反則金が3倍に!ながら運転ダメ、絶対。

f:id:kanayan-run:20191030003518j:plain


(この記事の所要時間は約5分です。)

 

新しい道路交通法が2019年12月1日に施行されます。

運転中に携帯電話・スマホを触ると減点3、普通車で反則金18000円です!

それだけ危険な行為です。

まだやってる人、スマホ運転は今すぐやめましょう!

 

今回は

「え?マジ??18000円!?」

「なにが変わるの?」

という方に向けての記事になります。

 

この記事では、改正されるポイントと、ほとんどの方が守れていない(と私が感じている)ルールについて書きたいと思います。

 

 

違反点数と反則金

まず、改正前(現在)の違反点数と反則金について知っておきましょう。

自分で作成したかったのですが、時間が許さないので警視庁のリンクを貼っておきます。

確認をお願いします。

(時間があるときに自分で作成するかもしれません。)

www.keishicho.metro.tokyo.jp

www.keishicho.metro.tokyo.jp

 

携帯電話の使用に関する改正が行われる

さて、今回の道路交通法改正でどこが変更になるか、という話ですが、『携帯電話使用等違反』の内容が大きく変わります。

以下が改正前後の比較です。

*カーナビ装置等の画面注視にも適用されます!

横に長いのでスクロールをお願いします。

改正前      
反則行為 点数 罰則 反則金
携帯電話使用等(交通の危険) 2点(酒気帯び14点) 3月以下の懲役または5万円以下の罰金 大型12000 普通9000 二輪7000 小型特殊6000
携帯電話使用等(保持) 1点(酒気帯び14点) 5万円以下の罰金 大型7000 普通6000 二輪6000 小型特殊5000
       
改正後      
反則行為 点数 罰則 反則金
携帯電話使用等(交通の危険) 6点=免停(酒気帯び16点=取消) 1年以下の懲役または30万円以下の罰金 反則金なし=すべて罰則を適用
携帯電話使用等(保持) 3点(酒気帯び15点=取消) 6月以下の懲役または10万円以下の罰金 大型25000 普通18000 二輪15000 小型特殊12000

 

『交通の危険』では反則金がなくなり、すべて罰則になります。

(反則金と罰則の違いは後述します)

また、違反点数は6点で一発免停です。

 

『保持』でも反則金は普通車で3倍、大型はそれ以上に引き上げられます。

違反点数も3倍で3点です。

 

軽微な違反とされていた携帯保持ですが、重大な事故が増えているため罰則強化となったようです。

やはり例のスマホゲームが原因なんでしょうか・・・

 

警察庁の調査では、2018年中の死亡事故率は携帯電話使用なしに比べて使用ありは約2倍だということです。

車の運転中は携帯電話の使用は絶対やめましょう!

 

反則金と罰金の違い

上で触れた反則金と罰金についてですが、わかりやすい違いは反則金を納める場合は『青切符』を渡され、罰金を支払う(あるいは懲役刑)場合は『赤切符』を渡される点です。

 

青切符を渡される場合

青切符を渡される場合は違反点数6点未満の比較的軽微な違反の場合です。

この場合は反則金を納付すれば刑事罰にはあたらず前科もつきません。

 

軽微な違反をその都度全部刑事罰にしていたら警察も裁判所もパンクしてしまうので、その手続きを簡略化したものが反則金制度だと理解しておいてください。

しかし、拒否するか無視し続けた場合は刑事罰に移行します。

 

赤切符を渡される場合

違反点数6点以上の重い違反の場合は赤切符、『刑事罰』になります。

事件です。

裁判です。

 

しかし、よほど重大な違反を起こしたり、交通事故を起こしていなければ、多くの場合『略式裁判』となり、被疑者本人に異議がなければその場で罰金額が決定し、納付すれば裁判は終了します。

異議申し立てを行い、正式に裁判することも可能です。

 

あまり守られていない交通ルール

ここからは、普段自動車を運転していて、あまり守られていない(私もときどき)と感じる交通ルールについて少しだけ記述します。

 

スピード違反や信号無視(赤点滅含む)は現認でちょこちょこ取り締まっていますが、パトロール中などでは軽微な違反は警察もいちいち取り締まっていないことが多いです。

少なくとも私が住んでいるところでは、ですが。

(「へ~、取り締まってないんだ~」と油断して捕まっても責任は取りませんので交通ルールは守ってください!)

 

横断歩行者等妨害等

2点の違反ですが、JAFの調査では9割近くが守れていないという実情です。

信号機のない横断歩道で歩行者が横断しようとしている場合は停止して渡らせないといけません。

道路は歩行者が優先です。

 

なお、横断しようとする歩行者がいるかわからない場合は、いつでも止まれるように徐行しないといけません。

減速しないで進めるのは『横断しようとする歩行者が明らかにいない場合』だけです。

 

幼児等通行妨害

幼児等とは幼稚園児や小学生だけでなく、高齢者や身体障がいがある歩行者のことをいいます。

そういった歩行者は急に飛び出したり、ふらついたりといったことが想定されるので、側を通行するときは事故に巻き込まないように、一時停止したり徐行したりしないといけません。

 

無灯火

オートライトが普及してきたとはいえ、夕暮れ時にライトをつけずに走っている車は結構います。

昔は

「メーターが見えにくくなってきたからライトをつけよう」

という基準で点灯していたのが、最近は自発光メーターが主流になりいつでもメーターが見えるのが原因ではないかと推測されています。

もちろん、『ただの点け忘れ』の車もいると思いますが。

 

夜間はもちろん、薄暮時の無灯火も危険です。

ライトは自分の存在を他者にアピールする効果も大きいです。

早めの点灯を心がけましょう!

 

まとめ

道路交通法はちょこちょこ改正されています。

高齢者の交通事故や煽り運転も増えてきていますし、自動運転の実用化が進めば、安全で円滑な交通を守るためにさらなる改正が必要になってくるでしょう。

 

われわれにできることは、今ある交通ルールを理解し、それに従い安全運転すること。その約束で免許証を受け取っています。

何事も自分勝手ではうまくいきませんからね!

 

<広告>