かなろぐ。

バイタリティ生活してます。ランニング、健康、そのほか気になったことなど。

沢尻エリカ逮捕で主演ドラマ『1リットルの涙』が懐かしくなった。

f:id:kanayan-run:20191118234909j:plain

(この記事の所要時間は約3分です。)

 

ちょうど14年前の今ごろ、毎週火曜日を楽しみに学校に行っていた私がいました。

卒業論文の研究なんてどうでもいい。

「早く帰らせろ。」

「早く夜になれ。」

そう思っていました。

 

フジテレビ系の連続ドラマ『1リットルの涙』の主演は、当時まだ10代だった沢尻エリカ。

見た目はちょっと派手だけど、難病と闘う女子高生・亜也役を熱演。

恋人の麻生(錦戸亮)に見せる笑顔には癒されました。

 

ドラマ自体もすごく良くて、6話で妹・亜湖(成海璃子)が弟・弘樹(真田佑馬)を叱った

「おねえちゃんのこと恥ずかしいって言ってるあんたのほうが、よっぽど恥ずかしい!!」

というセリフは胸に刺さり、涙ぐんでしまいました。

結構すぐ感動するタイプなんですよ。

 

沢尻も、病が進行して徐々に体が言うことを聞かなくなっていくという難しいヒロイン役を演じきり、業界からも高評価。

たくさんの賞を獲りました。

私はこの『1リットルの涙』で初めましての女優さんだったんですけど、一気に応援したくなりました。

 

翌年の主演ドラマも再びヒットして、役名でCDデビュー。

あっという間のスターダム。

このまま大女優になっていくのかと思ったら、映画の舞台挨拶で記者さんにご機嫌ナナメな対応をしてしまい、大バッシングを浴びて転落。

そしてクリエイターと結婚したら芸能活動休止。

 

このまま消える、沢尻は終わった・・・

と思っていたけど、そんなことはなかった。

蜷川実花監督の映画で大復活。

『お騒がせ女優』の彼女はどこに行った?

真面目に仕事をこなして、また人気に。

 

しかし、それはテレビに映る画面の中だけだったようです。

『沢尻エリカ、合成麻薬所持で逮捕』

さすがエリカ様。

彼女の人生、波がありすぎ。

 

「ショック」

「やっぱり悪いことしてたんか」

その両方の感情がありました。

 

逮捕後の供述では、

「10年以上、薬物を使用している」

ということは、結婚する以前からってことですか。

例のクリエイターも警視庁のマークに遭いそうですね。

 

じゃなくて、そんな前かよ。

悪質すぎて引退不可避やん?

 

1月からの大河ドラマは、やっぱり代役を立てることになるんでしょうか。

複数のCMにも出演していて、違約金は5億円以上という報道もあります。

テレビ局やCM出演企業の涙は1リットルどころじゃすまなそうですね・・・

沢尻容疑者の違約金 芸能史上最高5億円超か(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

沢尻エリカ、今度こそ消えるのか。

はたまた、またしても復活してくるのか。

逮捕されたことなんて忘れるぐらい、またテレビで活躍しているところを見てみたい気もするのです。