ダイエット中に糖質・脂質の制限は不要【消費カロリーを増やすべき】

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

ほんとに痩せたいんだけど糖質や脂質は制限しないとダメ?

こんな悩みに答えます。

有効なダイエット法として流行していた「糖質・脂質制限ダイエット」や「炭水化物抜きダイエット」。
確かにカロリーを制限できるのでダイエットには効果的。

でも本当に食事を制限しないと痩せられないのでしょうか。

私は「ダイエットには糖質・脂質を制限する必要がない」と結論づけています。

理由は私が制限していないから。
私は毎日パンを食べるしお菓子も食べますが、体重45kg前後をキープし続けています。

この記事の内容
  • 糖質・脂質は身体に必要な栄養
  • ダイエットできる条件
  • ダイエットに糖質・脂質の制限は不要

この記事では糖質・脂質を摂るべき理由とダイエットができる条件、ダイエットのためにやることについて説明します。

タップできる目次

ダイエット中でも糖質・脂質は必要

たとえダイエット中でも食事は食べるべき。
糖質・脂質の極端な制限は身体に毒で、病気になりかねません。

糖質・脂質も必要な栄養素

あなたもご存じだとは思いますが、糖質も脂質も3大栄養素と言われ身体に必要な栄養です。

正確には3大栄養素は糖質ではなく炭水化物(糖質+食物繊維)ですが、この記事ではダイエットで食事制限されがちな糖質で統一します。

糖質と脂質の役割を調べてみると、次のように書かれています。
(引用しますが長いので飛ばしてもOK。)

糖質は身体の中でエネルギー源として最もよく利用されます。食品から炭水化物の形でとり入れられ、小腸から吸収されたブドウ糖はエネルギー生産のために使われます。一部は肝臓や筋肉中にグリコーゲンとして蓄えられ、血液中のブドウ糖濃度は常に一定の範囲内に保たれるように複雑な調節機能が働いています。
食物から得る糖質が不足した場合は、脂肪やアミノ酸がエネルギー合成に使われます。反対に糖質をとり過ぎた場合は脂肪として身体に貯えられます。また、ブドウ糖は脳の大切なエネルギー源でもあります。

引用:たんぱく質、脂質、糖質の役割。 – エープライム

脂肪は身体に豊富に蓄積されている非常に効率のよいエネルギー源です。運動時には糖質から得るエネルギーには制約がありますが、脂肪は常にエネルギー源として利用され続けます。
(中略)
私たちの日常の食事には脂肪がたくさん含まれています。脂肪自体は生命維持活動に深く関わっており、特に多価不飽和脂肪酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸は体内で合成されないため食品から摂取しなければなりません。また、脂肪はビタミンA,D,E,Kなどの脂溶性のビタミンの吸収の際にも必要です。

引用:たんぱく質、脂質、糖質の役割。 – エープライム
長いので要約すると
糖質
  • エネルギー源として使われる
  • ブドウ糖は脳のエネルギー
脂質
  • 身体に蓄積され運動時のエネルギー源になる
  • ビタミン吸収するときに必要

糖質も脂質も、脳や身体を動かす大切な栄養です。

糖質・脂質も摂らないと身体に悪い

糖質や脂質が不足すると身体にも悪影響を及ぼします。

糖質が不足すると
  • エネルギーが不足する
  • 疲労を感じる
  • 集中力が足りなくなる
脂質が不足すると
  • エネルギーが不足する
  • ビタミンの吸収が悪くなる
  • ホルモンバランスが悪くなる

糖質も脂質も必要な栄養なので不足するととにかく身体に悪いですね。

ダイエットできる条件

ダイエットするために必要な条件、つまり痩せるための条件は単純です。

ダイエットできる条件は消費カロリーと摂取カロリーの差

身体が痩せる条件は消費するカロリーを摂取するカロリーより多くすること。

消費カロリー>摂取カロリー

これを守れば体重は落ちます。

出ていく量が入ってくる量より多くなれば中が少なくなる。
単純な話ですよね。

消費カロリーを増やせばダイエットできるけど無理は禁物

ここで注意するのは摂取カロリーを減らそうとしないこと。
さきほど書いたとおり、糖質・脂質を減らすと身体に悪いからです。

なので運動を増やして消費カロリーを大きくしましょう。

ただし無理は禁物で、消費カロリーを増やしすぎても糖質や脂質が不足してくるのでバランスが大事です。

ダイエットに糖質・脂質の制限は不要

運動して消費カロリーを増やすことでダイエットはできます。

頻度は週に2~3回でOK。
私は仕事と週1回のジョギングだけでキープしています。

糖質・脂質を制限するのはリスクが大きいので必要ない。

あえて制限するとしたら調味料ですね。これだけでもカロリーを減らせます。

まとめ
  • 糖質・脂質は必要な栄養素
    • 脳や身体を動かすエネルギー
  • 痩せるには「消費カロリー>摂取カロリー」
    • 摂取カロリーは減らさず消費カロリーを増やす
    • 週2~3回の運動で消費カロリーを増やす

ダイエットには消費カロリーを増やすこと

これだけ覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップできる目次
閉じる