【ダイエット】運動なし、食事制限だけで痩せることは危険な理由

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

運動しないで食事制限だけでダイエットしたいけど健康面が心配だなあ

こんな悩みに答えます。

ダイエットするときってなるべく運動せずに楽して痩せたいと考えてしまいますよね。

手っ取り早く痩せる方法として思いつくのが食事制限。
とにかく食べるカロリーを減らすダイエット法です。

でもなんとなく身体に悪そうですよね。
この記事では食事制限ダイエットのリスクについて解説していきます。

この記事の内容
  • 運動なしのダイエットはおすすめできない
  • 運動なしでも痩せることはできる
  • 運動なしダイエットのリスク3つ
  • 運動して痩せるほうが健康にいい
タップできる目次

運動なしのダイエットはおすすめできない

運動しないでダイエットに取り組むことはおすすめできません。
「運動なし」ということは「食事(糖質・脂質)制限」でダイエットすることになるので健康上あまり好ましくないからです。

糖質や脂質を制限するのはさまざまなリスクがあります。

なので、「そこそこ食べて、運動して、プロテイン」。
これが一番健康にいいダイエットといえます。

運動なしでも痩せることはできる

ぶっちゃけ運動しなくても痩せることはできます。
糖質・脂質を制限して食べるカロリーを減らせば、短期間で5kg減とかは簡単に達成できるでしょう。

やり方はGoogleで検索すればゴロゴロ出てきます。

「食べなければ痩せる」というのは当たり前の話ですよね。

運動なしダイエットのリスク

「運動しなくても痩せることはできる」と書きましたけど、食事の制限だけでダイエットするのはリスクが多いです。
リバウンドしやすいこともそのひとつですが健康上の問題もあります。

  • 筋力の低下
  • 免疫の低下
  • 拒食症になる恐れ

このあたりの注意が必要ですね。

筋力の低下

摂取カロリーを減らすために食事制限をすると筋力が低下するおそれがあります。
筋肉を作るのに必要なアミノ酸が足りなくなるからです。

実はあなたの筋肉も筋トレしてなくても破壊と修復をしています。
なのでアミノ酸の摂取は必須。

体の中では作れず食べることでしか摂れないアミノ酸もあるので過度に食事量を減らすのは危険です。

免疫の低下

食事制限で減るのはカロリーだけではありません。
ビタミンやミネラルなども必要な量が摂取できなくなります。

その影響は、こんな感じ。

ビタミン不足

肌や髪がカサカサになる

ミネラル不足

貧血・骨が弱くなる

こうなるの嫌ですよね。

拒食症になる恐れ

食事制限をしていても正常な判断ができる状態であれば生命維持のために最低限の食事はするでしょう。

しかし中には「食べたら太る」という先入観から「食べるのが怖い」という考えになり、いわゆる『 拒食症 』になってしまう人もいます。

拒食症になると何も食べなくなるのですぐに栄養失調で病院行きです。

タンパク質だけ食べるのは?

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

それならタンパク質だけ食べてれば栄養失調にもならないしカロリー制限もできるんじゃない?

そんな考えを持つ人も多いでしょうが、間違っています。

  1. 糖質や脂質は身体や脳を働かせる重要な栄養素
  2. 野菜や果物には食物繊維・ビタミン・ミネラルがたくさんある
  3. タンパク質だけ一度にたくさん食べても体内で処理しきれず蓄えられて太る

タンパク質を積極的に摂るのはいいことですけど、タンパク質「だけ」を食べるのはおすすめできません。

運動して痩せるほうが健康にいい

食事制限のリスクまとめ
筋力が落ちる

アミノ酸不足

免疫が落ちる

ビタミン・ミネラル不足

拒食症から栄養失調になる

食べるのが怖くなる

食事制限のリスクについてお伝えしてきましたが、あなたはこれでもまだ運動せずに痩せたいと思いますか?

食べるカロリーを少なくすると体重は減りますが、お世辞にも健康とは言えません。
それよりも、バランスいい食事をしながら運動で消費するカロリーを増やすほうがいい。

食事の一部をソイプロテインに置き換えるのもおすすめです。

食べずに痩せるよりも食べながら運動して痩せるほうが健康にもいいし、素敵でかっこいい身体になれますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップできる目次
閉じる