DAZNのプロ野球中継は11球団カバー。メリット・デメリットは?【docomoユーザーは一択】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

野球ってDAZNでも見れるよね。でも何試合くらい見れるの?たくさん見れたら契約したい。

こんな疑問に答えます。

2020年のプロ野球シーズンがやってきました。
「今年は何で中継見ようかなあ」と迷っている人も多いかと思います。

この記事では11球団が主催する試合が見れる『DAZN』を紹介します。

この記事の内容
  • DAZNについて
  • DAZNのデメリットとメリット

結論、2020年はプロ野球ライブ中継を見るならDAZNがもっともおすすめです。

かなやんのアイコン画像かなやん

docomoユーザーならDAZN一択です。

タップできる目次

DAZNとは

DAZNは野球・サッカーだけでなくさまざまなスポーツコンテンツを配信するサービス。

DAZN(ダゾーン)は、2016年夏に立ち上げたDAZNグループが運営するスポーツ専門のOTTサービス

2016年8月10日にオーストリア、ドイツ、スイスでサービスを始め、同年8月23日からは日本でもサービスを開始。翌2017年にカナダ、2018年からはアメリカとイタリアでサービスを開始。2019年3月からはスペイン、4月からはブラジルでもサービスを開始し、今後世界20ヶ国以上で展開を予定している[4]

出典:DAZN – Wikipedia

コンテンツ総数は130以上、試合数にすると10,000試合以上にも及びます。
ここ数年でプロ野球中継の試合数も増やしてきているので、野球好きな人は視聴方法の選択肢に入っていますよね。

DAZNのデメリット

DAZNのデメリットは3つ。

DAZNのデメリット
  • 全試合は見れない
  • タイムラグがある
  • ネット環境が悪いと画質が落ちる

解説していきます。

DAZNのデメリット①全試合は見れない

DAZNではプロ野球の試合を多く中継していますが、全試合を見れるわけではありません。
2020年に見れない試合は下記の通り。

  • 広島カープ主催の全試合
  • 中日ドラゴンズ主催の一部試合
  • 日本シリーズとオールスター

広島カープの主催試合が一切見れないのはセ・リーグチームのファンにとっては痛いです。
特にカープファンには向いてないサービスと言えそうです。

日本シリーズとオールスターは必ず地上波テレビ中継があるので特に問題はないでしょう。
テレビだと試合開始から終了まで全部は見れないかもですが、そこは我慢ですね。

DAZNのデメリット②タイムラグがある

インターネット中継なのでタイムラグが発生してしまいます。
数十秒~ひどいと1分以上。

衛星を介しているので仕方ないですが、スポナビアプリの速報などが先に出てネタバレになることもあるようです。

このタイムラグについてはDAZNのヘルプでも説明されています。

f:id:kanayan-run:20200224132351j:plain

出典:DAZNヘルプ>ライブが遅れて配信されます

DAZNのデメリット③ネット環境が悪いと画質や読み込み速度が落ちる

通信回線の環境が悪いと極端に画質・読み込み速度が落ちます。
画質の悪さは大画面になるほど顕著。

DAZNのヘルプには以下のように書かれています。

f:id:kanayan-run:20200224131905j:plain
f:id:kanayan-run:20200224133411j:plain

出典: DAZNヘルプ>推奨環境について

ちょっと見にくいので要約すると、

  • OSはWindows8.1以上かMacOSX以上
  • モバイルはandroid4.4以上かiOS10.1以上
  • 通信速度は2.0Mbps以上なら視聴できる

と書かれています。

光回線であれば100Mbpsとか200Mbpsとか容易に出ているので問題ありませんが、WiFiを利用している場合は場所や時間などによって大きく速度が変わるので注意が必要です。

かなやんのアイコン画像かなやん

私は以前に推奨環境外のWindows7で視聴してみたのですが読み込み停止ばっかりで見れたもんじゃなかったですね。

DAZNのメリット

DAZNのメリットは4つ。

DAZNのメリット
  • 月額料金が安い
  • お試し期間が1ヶ月間
  • ほとんどの試合が見れる
  • 野球以外のスポーツも見れる

ひとつずつ説明します。

DAZNのメリット①月額料金が安い

DAZNの利用料は月額1925円(消費税込)。
この金額を払えば追加料金なしで配信されるすべてのコンテンツが見放題になります。

かなりお得です。

docomoユーザーはさらに安くてお得

DAZNはドコモと提携していてドコモユーザーは月額1078円(消費税込)で利用できます。
これは激安としか言えません。

広島カープの主催試合を諦めても契約しないと損ですね。

ドコモユーザーはDAZN一択です。

DAZNのメリット②お試し期間が1ヶ月間

DAZNは無料のお試し期間が1ヶ月間と長め。

もちろんすべてのコンテンツが見れるので画質や通信速度のチェックもしっかりできます。

お試し期間がすぎると自動的に課金となるので、合わない場合は1ヶ月以内に解約しましょう。

DAZNのメリット③ほとんどの試合が見れる

デメリットの通り広島カープ主催の試合と中日ドラゴンズ主催の一部試合は見れません。

しかしそれ以外の10球団主催の試合はすべて見ることができます。
ドラゴンズも一部だけなので実質11球団カバー。

パ・リーグチームのファンは交流戦の主催次第ではひいきチームの試合がすべて見れますね。

スカパーは不要。DAZN契約必須です。

DAZNのメリット④野球以外のスポーツも見れる

DAZNでは野球以外のスポーツコンテンツも豊富。
むしろ野球は後発です。

サッカーはJ1,J2,J3の全試合に加えて海外サッカーまでカバー。

テニスやラグビー、バスケにバレーやモータースポーツまであるのでスポーツ好きには溜まらないサービスになってます。

docomoユーザーと、野球以外のスポーツも見たい人はDAZN一択

以前は「DAZN=サッカーを中継しているサービス」というイメージだったんですが、今はそんなことありません。
とにかくいろんなスポーツをカバーしまくって低価格で配信しています。

野球中継も11球団の放映権を取得して野球好きの人も契約しない理由はなくなりましたね。

毎日プロ野球が楽しめて週末はサッカーまで見れるので、まずは無料でお試ししてみてください。

docomoユーザーは激安なので迷う余地はありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる